三島由紀夫自決

 山根清眠  ●会社社長

衝撃的な事件だった。

私はその時大学2年、三島由紀夫に憧れていた。

「君たちは武士だろう」と叫ぶ三島由紀夫の声が思い出せる。

私は心の中で叫んだ(そうだ、お前たちは武士だろう)と。

国を思う気概は無くなっているのか、そう思ったものである。

軍人がサラリーマン化してどうするのだ、そうも思ったものでもある。

益荒男が手挟む太刀の鞘鳴りに幾年耐えて今日の初霜
散るを厭う世にも人にも先駆けて散るこそ花と吹く小夜嵐
三島由紀夫の辞世の句。
いまでも忘れる事は無い。

父から電報が届いた。
「はやまるな」とただ一言。

父なりの心配の仕方であった。
確かに割腹に挑んだ若者も何人かいたはずである。

大学も我々も荒れていた時代のことだった。
 


▲ページトップに戻る