エレキの若大将:加山雄三と星由里子が懐かしい・・・。

エレキの若大将:加山雄三と星由里子が懐かしい・・・。

ブルー色の背景にエレキギターを持った加山雄三と星由里子、うたう歌は君といつまでも。
高校時代、学校から団体で市中心部の映画館に観に行ったのだった。
強烈なエレキブームの中で、この若大将シリーズは何回も回を重ねたはずである。

このシリーズの筋は分かりやすく、田中邦衛扮する青大将が星由里子の澄ちゃんを追い掛け回し最後は加山雄三扮する田沼雄一が出て来てハッピーエンドで
映画は終了するのだ。
だから、ある意味安心して見ていられる喜劇である。

当時は、この加山雄三や舟木一夫を主役とする、冠に彼らの曲名を乗っけた映画がいくらも上映されたものである。
これらの映画が何故か学校から許されて、逆に言えば学校の許可のない映画は基本的に見ることは出来なかったから、同じ高校の学生たちが大挙して
詰め掛けたものであった。

喫茶店には親同伴でないと入ってはいけないとか、そんな事が生徒手帳にきっちりと規定されている時代である。
今はそんな時代まがいの規定などないのだろうが、われわれの時代はまさにそんな時代だった。
だから映画も許されたものしか見ることは出来ないのだ。

また一方で、文部省推薦なる映画と言うのもあった。
いまでもよく覚えているのが、中学1年のときに、文部省推薦との触書で学校で観に行った、吉永小百合主演のキューポラのある街。
主人公に扮する吉永小百合が危機に遭遇する、その一瞬のシーンだけはよく覚えている。
中学1年、ついこの間までは小学生だった自分たちにとっては、ある意味ショックなシーンでもあった。
だからこそ、何十年経った今でもそのシーンは記憶のどこかにはっきりと残っているのだろう。

中学、高校とクラブ活動に、勉学にと何の疑いもなく励み、日々身体、筋力を鍛えることを快感とまで感じていた時期の話である。
特に高校の3年間は本当に自分の身体を鍛えることが出来たから、大学に入っても筋力、体力で先輩にも負けることはなかった。
大学のクラブ活動でも1年目からトレーナーを仰せつかり、毎日の最後の締めとなるランニングでも竹刀を持ってみんなの先頭を走ったものである。
それは、ある意味一番充実した時期の話なのかも知れない。
それにしても、ランニングに竹刀、その取り合わせは当時だからこその風景なのだろうか。
ただただ、懐かしいシーンであることに違いはない。


▲ページトップに戻る