コラム

思い出される川崎劇場

山根  ●会社員

そう言われた野球場がその昔あった。
パリーグのロッテの本拠地として使われたのが最後で、ロッテが千葉県幕張に本拠地を移してからは、他の競技場として使用されているとのことである。
この野球場は、プロ野球好プレー、珍プレーにはかならずと言っていいほど登場する球場でもあった。
私自身は確かに一度も行ったことすらないのであるが、とにかくテレビ画面からもその雰囲気が分かるのだ。
先ず狭い球場であること、お世辞にも綺麗な球場とは言えそうにもないこと、あのような球場で試合をせざるを得ない選手たちは不幸としか言いようがないのだ。

旧広島市民球場も狭く汚い球場だった。
学生時代、その市民球場で私は切符切りと場内案内のアルバイトをしていた。
4時に集合して点呼を受けた後は、三塁側ベンチで守備練習を見学させてもらっていた。
その当時は、ノッカーは広岡コーチ、ノックを受けるのは山本浩二選手、衣笠幸男選手と言うところだった。
私の記憶では、とにかく巨人戦だけは8時くらいまで声をからして場内案内に汗を流したものである。
その旧市民球場は広島市の中心部に位置し、広島オフィス街および飲み屋街に隣接していたのだから、仕事を終わって駆けつける人たち、カープの優勢を知って
飲みを切り上げて駆けつけて来る人と人種は様ざまだった。
川崎球場

ちょっと脱線してしまったが、川崎球場がよく好プレー珍プレーの舞台になったのにはそれなりの理由がある。
ガラガラに空いた外野席で、若い二人が自分達の世界に入り込んでいるシーンが映し出されたり、将棋を打っているシーンがあったりと、観客もやりたい放題なので
あった。
ただ、そんな川崎球場がもっとも観客を集め、全国のプロ野球ファンの注目を集めた日があった。
いま調べて確認したところでは、昭和63年10月19日(通称10・19)ロッテ対バッファローズのダブルヘッダーの時である。
そのダブルヘッダーで近鉄が2連勝すれば、その段階でパリーグの優勝が決まると言うものだった。
第1戦目は近鉄が勝利し、あと1勝となるところで最大限の盛り上がりをみたのだった。
確かニュースステーションの時間帯になったところで、そのニュースステーションの時間枠の中で野球中継を全国に向け流し続けたのだった。
ロッテ対バッファローズのダブルヘッダー
そんなことを知らない私は帰宅途中自動車のラジオの実況放送に釘付けになり、自宅近くの駐車場に車を駐車させた後からもそのラジオの放送に噛り付いて
いたのだった。
試合の結果は、ダブルヘッダーの場合の試合時間制限のために第2試合の延長戦が10回までとなり、近鉄はその日、1勝1分けとなりリーグ優勝を逃したのだった。
近鉄の勝利がなくなった第2試合10回の裏、最後の守りにつく近鉄の選手の中には勝ちがなくなった以上守っても仕方ないと言った雰囲気もなくはなかったようで
あるが、その時に確か梨田選手がみんなを促して最後の守りのためにベンチから飛び出して行ったのだった。
テレビ画面では守備につく大石選手の姿が大きく映し出されていた。その瞬間全国の野球ファンの多くは涙したはずである。
なお、その悔しさを胸に翌年リーグ優勝を果たしたのだった。

この記事を読む

「世の中に絶えてカープのなかりせば・・・」

山根  ●会社員

何年か前からカープ女子と呼ばれる存在が大きく扱われるようになった。
NHK井上あさひアナがニュースウォッチ9で紹介したのが始まりではないかと思う。
23年前からのカープファンである自分にとっては、まさかこんな時代が来るとは予想すらしたことはなかった。
野球巧者のヤクルトやら中日にはよく負けていた記憶がある。
当時は居ても立っても居られずよく神宮に駆けつけたものである。
当時は試合直前に行ってもチケットは充分に購入できた。
いつも買うのは三塁側内野B指定席だった。
そうは言っても、内野のスタンドの入りは2分の1以下。
購入した指定席番号に関係なく広々とした場所に席を取ってビールを飲みながら我がカープを応援した。

カープ

そんな時代でもレフト側外野席だけは大いに盛り上がっていた。
我がカープが負けても、負けても、さらに負けてもである。
負け試合の後でも選手を励ます心だけはいつも持っていた一団のファン達であった。
「ドンマイ、ドンマイ!切り替えて!明日!明日!」大きな声を張り上げて選手を鼓舞するオールドカープ女子の姿も見つけたことがある。
そんな彼女や彼らから、どれだけの勇気をもらったことだろうか。

カープ居酒屋

在原業平の和歌に、「世の中に絶えて桜のなかりせば 春のこころはのどけからまし」と言うのがある。
逆説的な言い回しにはなっているが、要は、桜の美しさには心動かされるものがあるということである。
私がカープファンになった時に、先輩のカープファンから教わった歌がある。
それは、在原業平のこの和歌を文字って、「世の中に絶えてカープのなかりせば 我がこころ内のどけからまし」となっている。
直訳すれば、「この世の中にカープというチームがなければ、勝った負けたと心配したり心動かされることもなくて のどかな心で居られるものを」とでもなるので
あろうが、意訳すれば、地元のカープファンがよく口にする「カープが可愛いくて仕方ないんじゃ!」となるのだ。

カープ球団創設期、早々に資金難に陥り大洋ホエールズ(現在のベイスターズ)に身売りとなった時に、それを聞きつけた広島市民がカープの重役会議に押しかけ、
それがきっかけで、カープ後援会が各地区で作られ、球場入り口には大きな酒樽が置かれファンに募金を促したのである。
それが、カープの樽募金であり、この伝統は現在の新球場建設の時にも、「平成の樽募金」として復活したのだった。
われ等が育てたとの意識の強い地元カープファンにとって、可愛くて仕方ない存在、それがカープと言うチームなのである。

この記事を読む

バルタン星人

バルタン星人 名無し

はじめてバルタン星人の名前を耳にした時には、数ある異星人の内のひとつであって、作者がいろいろ名前を考え出すのもホント大変なものだとの認識くらいしかなかった。

そもそも怪獣ものは我々世代にとっては興味あるものでもなく、もっと言えば興味を持つ年代を超えてしまっていると言った方が正確だと思う。

我々の幼少期と言えば、英雄ものでは、「ハリマオ」であり、「ササリンドウ」である。もちろん月光仮面も忘れてはならないわけであるが。

そう言った正義の味方に憧れを抱くのは小さな子にとっては当然であったろう。

ただ、私自身には直接の記憶はないと思えるが、よく両親から言われていたことを思い出す。

正義の味方、すなわち強い存在であるはずなのに、何故か私のその頃の行動と言えば、首に風呂敷を巻いて、奇妙にも、何故か斬られて倒れて行く様を何度も繰り返しては、遊びに興じていたと言うのである。

大人になった今の感覚で言えば、正義に殉じて死んでいくと言うことも考えられなくもないが、まだ保育園に行っていた頃の自分が斬られて倒れていく姿に憧れを持っていたとは到底思えないのである。

可能なら、遠いあの小さな頃に立ち戻って、その満ち足りた幼心に触れてみたいものである。

史実から言えば、ハリマオは日本軍の密偵であって西欧の植民地政策の下で虐げられていた現地民を蜂起させ後方から日本軍を支援させると言う動きを期待されていたわけである。

植民地から解放される現地民にとって、ハリマオはそういう面で言えば間違いなく正義の味方と言えるかも知れない。

ただ英雄ものの世界では単純に勧善懲悪であることの方が大切である。

特に小さな子たちにとってはそれだからこそ全面的に支持されてきたわけである。

そんな気分で、その当時の英雄ものを素直に受け入れられるものかどうか、昔に戻って試してみたい気持ちにもなってしまう。

話が随分と横道に逸れたが、バルタン星人とはあのシルビー・バルタンをこよなく愛する作者が当時を偲んで命名したとの話である。

一部には違う説もあるようではあるが、私もこの説を支持したい。

「アイドルを探せ」の曲を引っさげて一躍スターに躍り出た彼女こそ、当時の男性の心を鷲掴みしたこと間違いなしである。

もちろん我々少年のこころまでをも鷲掴みにしてバルタンの虜としたのだった。

アイドルを探せ、この曲は何十年も経った今でも全く色あせることなく光り輝いているのである。

 

この記事を読む

家の壁を塗り替えるときの費用は

外壁塗装の安い見積もり

家の壁は、毎日のように、太陽の紫外線を浴びたり、風や雨、砂ぼこり等にさらされていたり、過酷な自然環境の中で、家の内部の暮らしを守っています。

外壁が傷んで、細い亀裂や塗装のはがれが生じてくると、建物の内側に水分が染み込みやすくなり、内部に水分が浸入することで、建物内部の傷みを進めてしまう原因になります。

家をできるだけきれいな状態で長持ちさせたいなら、定期的に家の壁を塗り替えることがおすすめです。

家の壁を塗り替える時の費用は、塗料の質や特徴などによって異なります。最近は、遮熱性の高い塗料や、耐久性の高い塗料が開発されているため、どのくらいの塗料を使うかで、塗り替えの費用が変わってきます。

耐用年数が5年などの短い物を使う方が、耐用年数が10年や15年の物を使うよりも、安いことが多いのですが、費用対効果や頻度などを考慮して、価格を比較し、コストパフォーマンスで選ぶことで、納得できるがいへき塗装を選ぶことができます。

外壁塗装はなるべく安い価格で済ませたい

住まいを美麗に保ち、またその寿命を長く保つためには、定期的に外壁の塗装を行うことが必要です。そのために何年かごとに、定期的に外壁の塗装をしておくことになります。
外壁塗装 安い
何度か作業が必要になるために、なるべく安い価格で済ませたいと考える人は少なくありませんが、見積もりが安価な際には、その理由をきちんと確認しておくことが必要です。

一般的に外壁塗装を行う場合には、耐用年数の短いものほど、原材料の価格は安くて済む傾向があります。

そのためあまりにも安い見積もりに飛びついてしまうと、塗料の耐用年数が短いために、すぐにまた塗装の必要が生じてしまい、結果的には高い費用がかかっていることもあります。

できるだ安い価格で、住居の外壁塗装を済ませたいという気持ちはよく理解できますが、塗装に使う原材料の見極めなどもきちんと行い、内容を伴っている見積もりなのかどうかをよく確認した上で、作業を依頼することが必要だといえるでしょう。

外壁塗装 安い
安い外壁塗装業者@外壁塗装の費用・見積もりの見極め方
URL:http://gaiheki-life.biz/

外壁塗装のペンキ屋は仕事が丁寧

外壁塗装を行うペンキ屋さんは塗装工事の費用がそれぞれ異なるため、1社だけで決めるのではなく、一括で見積もりの依頼が出来るウェブサイトを利用して、複数の業者に対して見積もりの依頼を行い、その中でも見積もり額や対応の良さなどで幾つかの業者を絞り込んだ上で、外壁塗装を行う業者に家を見て貰って正式な見積もりを依頼をして最終的なペンキ屋さんを決める事が重要です。

尚、外壁塗装と言うのはペンキを使って家を綺麗に塗り替えると言う事だけが目的では有りません。
外壁は常に自然の猛威を受けており耐久性能が低下してしまいます。
そのため、劣化した外壁のメンテナンスを行う事で耐久性を向上させ、自然の猛威から外壁を守り、建物を守れるようになるのです。

外壁塗装では下地をきちんと整えることが重要で、仕事が丁寧なペンキ屋さんは下地作りに余念がなく、この丁寧さにより塗料を重ね塗りした時に、塗料の膜が作り出されるようになり、雨を弾き飛ばしてくれる外壁にすることが出来るのです。

この記事を読む

勝手にマック再建案

マック再建案:大島

マクドナルド再建案

マクドナルドの評価がガタ落ちである。

東京の主要地域のマックに顔を出したとき、今までは席を探すのに一苦労だったが、ガラガラだったのにはびっくりした。

なぜ、マックがそんなことになったのか?

私が中学時代の30年ほど前、マックでハンバーガーを食べるのは1つのステイタスであった。

当時は、マックの肉はミミズだ!という都市伝説もあり、決してポジティヴな評判で人気があった訳ではない。

大学時代の10数年前も、マックはいつも混んでいた。

では、なぜ、今、こうなっているのか?

誰もが思うのは、ハンバーガーという存在の意味合いが代わったことが1つだろう。

第1の波は、
モスバーガーが、丁寧な作りのハンバーガーを売り出した。

ビックマックのような、レタスのカスが入ったハンバーガーが、評価を落とすのもわかる。

そして、昨今では、1000円を超えるパテにこだわったハンバーガーの存在もその1つだろう。

そこに対して、マックがどう手を打ったのか?

失敗はいろいろあるが、
 ・高額バーガー路線を試みた。
 ・低額バーガーをじゃけんにした
 ・中価格帯商品のラインナップを充実させた

こんなところがある。

そこで勝手にマック再建案をあげるとすれば、マクドナルドのブランドとはなんだっかのか?
そこに返ること。

マックは、ファーストフードのパイオニアだ。

気軽に手軽に手に取れる存在であること。

そして日本人が、アメリカへのあこがれを手にすることができる存在であったこと。

そう、アメリカを感じる存在に立ち返るのである。

レギュラーサイズのコーラの大きさを今の2倍、いやいや3倍にする。

ポテトも、2倍、3倍、いやいや、食べ放題にしてもいいだろう。

ハンバーガーの種類は極限少なくすること。

十人十色の時代は終わり、十人百色の時代。

人は、こだわりを持ちながらも、いろいろなものに興味があり、そして、浮気が当たり前の時代。

だからこそ、逆手にとって、
そして、昔に返ることで、
熱烈なマックファンを作ることが、わたしの勝手な再建案でした。

この記事を読む

力道山

 チャンプ ●会社員(52)    

空手チョップの嵐。
外国人選手をバッタバッタとなぎ倒して。
テレビの前に父と弟と一緒に興奮しながら、それこそ手に汗を握っての観戦だった。
まだまだ裕福とは言えなかった時代のヒーローだった。
なぜか爽快だった。力道山
白黒の小さなテレビが家族の中心になっていきはじめる時期のことだった。
それまでといえば家族団欒の中心はラジオだった。
○○のとんち教室とかが流れていた記憶がある。
そのころは「家族会議」とかを定期的にやっていた。
私は記録係だった。
今月の掃除当番とか、先月の反省とか家族四人でやっていた。
テレビもない時代、そんなことが家族をまとめていた。
そう言えば、その場ではわれわれの小遣いについても議論された。
父のボーナスの使い道についても議論された。家族会議が家族を結んでいた。
それから何年かしてテレビが家の中心にすわり、そしてテレビの中のヒーローが家族を結びつけていた。

 

この記事を読む

▲ページトップに戻る