スポーツ

思い出される川崎劇場

山根  ●会社員

そう言われた野球場がその昔あった。
パリーグのロッテの本拠地として使われたのが最後で、ロッテが千葉県幕張に本拠地を移してからは、他の競技場として使用されているとのことである。
この野球場は、プロ野球好プレー、珍プレーにはかならずと言っていいほど登場する球場でもあった。
私自身は確かに一度も行ったことすらないのであるが、とにかくテレビ画面からもその雰囲気が分かるのだ。
先ず狭い球場であること、お世辞にも綺麗な球場とは言えそうにもないこと、あのような球場で試合をせざるを得ない選手たちは不幸としか言いようがないのだ。

旧広島市民球場も狭く汚い球場だった。
学生時代、その市民球場で私は切符切りと場内案内のアルバイトをしていた。
4時に集合して点呼を受けた後は、三塁側ベンチで守備練習を見学させてもらっていた。
その当時は、ノッカーは広岡コーチ、ノックを受けるのは山本浩二選手、衣笠幸男選手と言うところだった。
私の記憶では、とにかく巨人戦だけは8時くらいまで声をからして場内案内に汗を流したものである。
その旧市民球場は広島市の中心部に位置し、広島オフィス街および飲み屋街に隣接していたのだから、仕事を終わって駆けつける人たち、カープの優勢を知って
飲みを切り上げて駆けつけて来る人と人種は様ざまだった。
川崎球場

ちょっと脱線してしまったが、川崎球場がよく好プレー珍プレーの舞台になったのにはそれなりの理由がある。
ガラガラに空いた外野席で、若い二人が自分達の世界に入り込んでいるシーンが映し出されたり、将棋を打っているシーンがあったりと、観客もやりたい放題なので
あった。
ただ、そんな川崎球場がもっとも観客を集め、全国のプロ野球ファンの注目を集めた日があった。
いま調べて確認したところでは、昭和63年10月19日(通称10・19)ロッテ対バッファローズのダブルヘッダーの時である。
そのダブルヘッダーで近鉄が2連勝すれば、その段階でパリーグの優勝が決まると言うものだった。
第1戦目は近鉄が勝利し、あと1勝となるところで最大限の盛り上がりをみたのだった。
確かニュースステーションの時間帯になったところで、そのニュースステーションの時間枠の中で野球中継を全国に向け流し続けたのだった。
ロッテ対バッファローズのダブルヘッダー
そんなことを知らない私は帰宅途中自動車のラジオの実況放送に釘付けになり、自宅近くの駐車場に車を駐車させた後からもそのラジオの放送に噛り付いて
いたのだった。
試合の結果は、ダブルヘッダーの場合の試合時間制限のために第2試合の延長戦が10回までとなり、近鉄はその日、1勝1分けとなりリーグ優勝を逃したのだった。
近鉄の勝利がなくなった第2試合10回の裏、最後の守りにつく近鉄の選手の中には勝ちがなくなった以上守っても仕方ないと言った雰囲気もなくはなかったようで
あるが、その時に確か梨田選手がみんなを促して最後の守りのためにベンチから飛び出して行ったのだった。
テレビ画面では守備につく大石選手の姿が大きく映し出されていた。その瞬間全国の野球ファンの多くは涙したはずである。
なお、その悔しさを胸に翌年リーグ優勝を果たしたのだった。

この記事を読む

「世の中に絶えてカープのなかりせば・・・」

山根  ●会社員

何年か前からカープ女子と呼ばれる存在が大きく扱われるようになった。
NHK井上あさひアナがニュースウォッチ9で紹介したのが始まりではないかと思う。
23年前からのカープファンである自分にとっては、まさかこんな時代が来るとは予想すらしたことはなかった。
野球巧者のヤクルトやら中日にはよく負けていた記憶がある。
当時は居ても立っても居られずよく神宮に駆けつけたものである。
当時は試合直前に行ってもチケットは充分に購入できた。
いつも買うのは三塁側内野B指定席だった。
そうは言っても、内野のスタンドの入りは2分の1以下。
購入した指定席番号に関係なく広々とした場所に席を取ってビールを飲みながら我がカープを応援した。

カープ

そんな時代でもレフト側外野席だけは大いに盛り上がっていた。
我がカープが負けても、負けても、さらに負けてもである。
負け試合の後でも選手を励ます心だけはいつも持っていた一団のファン達であった。
「ドンマイ、ドンマイ!切り替えて!明日!明日!」大きな声を張り上げて選手を鼓舞するオールドカープ女子の姿も見つけたことがある。
そんな彼女や彼らから、どれだけの勇気をもらったことだろうか。

カープ居酒屋

在原業平の和歌に、「世の中に絶えて桜のなかりせば 春のこころはのどけからまし」と言うのがある。
逆説的な言い回しにはなっているが、要は、桜の美しさには心動かされるものがあるということである。
私がカープファンになった時に、先輩のカープファンから教わった歌がある。
それは、在原業平のこの和歌を文字って、「世の中に絶えてカープのなかりせば 我がこころ内のどけからまし」となっている。
直訳すれば、「この世の中にカープというチームがなければ、勝った負けたと心配したり心動かされることもなくて のどかな心で居られるものを」とでもなるので
あろうが、意訳すれば、地元のカープファンがよく口にする「カープが可愛いくて仕方ないんじゃ!」となるのだ。

カープ球団創設期、早々に資金難に陥り大洋ホエールズ(現在のベイスターズ)に身売りとなった時に、それを聞きつけた広島市民がカープの重役会議に押しかけ、
それがきっかけで、カープ後援会が各地区で作られ、球場入り口には大きな酒樽が置かれファンに募金を促したのである。
それが、カープの樽募金であり、この伝統は現在の新球場建設の時にも、「平成の樽募金」として復活したのだった。
われ等が育てたとの意識の強い地元カープファンにとって、可愛くて仕方ない存在、それがカープと言うチームなのである。

この記事を読む

夏季前までにやせる!小山圭介おすすめの手軽ダイエット技

ヘクシス

夏季までに痩せたい人へおすすめの、はなはだ簡単なダイエット仕方があります。

それは10通年、1万人以上のマミーの美容をサポートしてきたトレーナーの小山圭介が指導してくれる、ダイエットアプリのヘクシスだ。

ヘクシスでは、コンサルティング記録に記入するだけでその人に合ったパックを提案してくれます。

カリスマトレーナーの小山圭介が監修した、無理なく健康的にやせるために必要なノウハウはもちろん、精神的なアフターサービスや身辺の保守も行ってくれます。毎日の生活の中にやせるための改善策を少々取り入れ、それを伝統化して行くため面白く痩せられる、そんなパックになっています。

ヘクシス

ヘクシスではウェブにこだわっている。私たちの生涯の一部となった携帯をダイエットに利用することで、気軽に打ち込むことができるからです。憂慮を感じることなく生涯の中にパックを取り入れることができるので、簡単に習慣付けることができ、契約を差し出し易くなっています。

また、一年中いつでも個々トレーナーといった小山圭介のアフターサービスを貰えるので、暮らしの好転には相当効果チックだ。

リバウンドしないためには、無理なウェイト減はだめ。その点、へクシスでは90日間しだいに時間をかけて痩せて出向くことを基本としているので、リバウンドの災難がありません。近頃始めれば夏季までに間に合います。簡単で健康的に痩せられる、へクシスを利用してみてはどうですか。

10,000人の女子をキレイにしてきた小山圭介のダイエットメゾットは

小山圭介のマミーをキレイにするダイエットメゾットは務めを分析することによって効果類でウキウキしながら行えるオーダーメードダイエットを作成します。

務めの中に肥満の端緒って簡単で効果類、かつそわそわできて志スウィッチが入る回答を考えることが繁栄の手掛かりと考えます。

小山圭介

専属トレーナーという小山圭介が両方組織で90日間をサポートし一年中1回ウェブでキャッチボールして、ピンポイントで効果的「所作いざこざ」が毎日6通送られてきます。向けアプリという介助小物もあります。小山圭介のメゾットでは酷い作用や強い痩身をせずにメンタル面や生活の分裂までサポートしていただける。

ミーティング書類に見識を入力する結果その方に最適な申し出をします。

小山圭介さん

たとえば「熟睡期間を繰り返す」ことから作る手立てや「口角を高め」触発改善を願う手立てなどがあります。いまやくらしの一部となったスマホを介助に利用していつもトレーナーと関係、ダイエットに集中し楽しむことができます。

プールに通うというわずらわしさもなく、相談クラスにて発生する専属トレーナー料や工場料を省いて、再び安価に行えるメゾットとなっています。

HEXIS(ヘクシス)の申込み@女性専用ダイエットアプリ
ヘクシス
出典;http://xn--pckqg5j.club/

この記事を読む

吉田沙保里、五輪4連覇ならず。敗因は?

吉田沙保里:オリンピックおやじ

吉田沙保里銀

吉田沙保里には難しい状況だった

リオデジャネイロ五輪 スリング女子53キロ級決勝
五輪4連覇を目指した吉田沙保里はヘレン・マルーリスに敗れた。

非常に、残念である。

しかし、この敗戦もなんとなく、流れ的におきてもかしくない状況であった。

前日、出場した3人が金メダルを獲得した。吉田沙保里、五輪4連覇ならず

金メダルを取ることがいかに難しいか?気を引き締めるというより、なんとなくの隙を作ってしまった。

そして、オリンピック4連覇がどれだけ大変なことか?

霊長類最強と言われた男子のアレクサンドル・カレリンも4連覇がかなわなかった。

しかし、前日、伊調馨がそれを成しえた。

それにより、4連覇のハードルを下げることになってしまった。

伊調馨でさえ、優勝したものの、決勝にくるまでも難しい試合が続きた。

さらに、決勝も敗戦濃厚なところからの逆転を考えれば、

決してポジティヴに考えてはいけないことであったが、雰囲気は金メダルラッシュ、この勢いでという温和なムードになってしまったのも想像できる。

そして、いざ、本番。

さらに、運が悪かったのは、決勝までが、非常にスムーズ過ぎてしまったこと。

相手のレベルは別として、スピードにのったプレーと一瞬の動きでバックを取るスタイルには文句1ツなかった。

そんな流れから決勝を迎えるにあたり、

適度な余裕と自信、そして相手を見ながらという気持ちでのぞんだのだと思う。

決して隙があったわけではないが、相手分析をはじめ、やるべきこと、立ち向かう気持ちが金メダルと取るだけのレベルではなかったのかもしれない。

百戦錬磨の吉田だからそれはないといいたいところだが・・・。

事実、決勝では、ヘレン・マルーリスの吉田対策にタックルができにくく、想像以上のパワーに打開策を見いだせずに終わってしまった。

あと、1分あれば勝っただろうか?

今回の状況では、少し難しかったかもしれない。

ただ、体力の限界か?

と問われると決勝までの動きを見れば、確実に世界王者の動き。

年齢的に33歳は、この後を考えると難しいかもしれない。

しかし、この悔しさは、東京五輪を目指すだけのモチベーションにもなりえる。

是非、この悔しさを東京でリベンジしてほしい。

もちろん、引き際という美学もあるが・・・・・・。

[試合後のコメントから]

 試合後は涙が止まらなかった。
「たくさんの人に応援していただいたのに、銀メダルで終わってしまって申し訳ないです。日本選手の主将として金メダルを取らないといけないところだったのにごめんなさい」と謝罪の言葉が続いた。敗
因には自分の気持ちを挙げた。「最後は勝てるだろうと思っていたのですが、取り返しのつかないことになってしまった」と振り返った。

吉田さんには、私も涙をした。

でも、
>「たくさんの人に応援していただいたのに、銀メダルで終わってしまって申し訳ないです。日本選手の主将として金メダルを取らないといけないところだったのにごめんなさい」

”ごめんなさい”はいらない。

結果は結果、
涙も、”ごめんなさい”の涙はいらない。

悔し泣きであってほしい。

一番本人が分かっていることなので、もう、終わったことは終わったこととして、日本選手の主将としてみんなを盛り上げてもらいたい。

最後に
タラレバは勝負の世界ではいけないが、
結果的に、昨年12月の全日本選手権以降、今年は初の大きな大会というローテーションもマイナスに働いたのかもしれない。

前回、前々回ともW杯で1度敗れて五輪本番を迎えていた。

この記事を読む

力道山

 チャンプ ●会社員(52)    

空手チョップの嵐。
外国人選手をバッタバッタとなぎ倒して。
テレビの前に父と弟と一緒に興奮しながら、それこそ手に汗を握っての観戦だった。
まだまだ裕福とは言えなかった時代のヒーローだった。
なぜか爽快だった。力道山
白黒の小さなテレビが家族の中心になっていきはじめる時期のことだった。
それまでといえば家族団欒の中心はラジオだった。
○○のとんち教室とかが流れていた記憶がある。
そのころは「家族会議」とかを定期的にやっていた。
私は記録係だった。
今月の掃除当番とか、先月の反省とか家族四人でやっていた。
テレビもない時代、そんなことが家族をまとめていた。
そう言えば、その場ではわれわれの小遣いについても議論された。
父のボーナスの使い道についても議論された。家族会議が家族を結んでいた。
それから何年かしてテレビが家の中心にすわり、そしてテレビの中のヒーローが家族を結びつけていた。

 

この記事を読む

競泳男子・冨田の行為

真意はわからない。
しかし、競泳男子・冨田の弁明は痛い。

彼が本当に行った行為はわからない。

しかし、一度認めたのは事実。

まぁ、これが現代のメディアを使った手法の1つであることは間違いない。

仮にやったとしても、弁護士を入れてああだ、こうだ言えば何とか自分を擁護できる。

弁護士に知恵をつけてもってからでも、どうにかなるのが現状である。

弁護士も、真犯人も見つけることが仕事ではないので、知恵をつけることなど容易であろう。

話は変わるが、
個人的に、裁判を本気で起こしたいのであれば、弁護士を入れないほうがいいと思う。
弁護士も人間である。相手の弁護士も人間である。裁判官も人間である。
この3者、ともに司法試験を受け、司法修習生として同じ道をとおり同族である。

さらに、弁護士は裁判に勝つことを生業としていない。
和解が基本である。
ようは、持ちつ持たれつでなりなったいる。

テレビでは逆転無罪など当たり前だが、実際、判決までいく裁判は少ない。
裁判でも、弁護士同士、何かしらの形でつながっていることが多い。
仲間と裁判をしている以上、勝ち負けではなく、引き分けを選ぶのは当然だろう。

そんなことを基本として考えると、競泳男子・冨田の弁護士も真犯人を断定した上で無実を訴えることはないだろう。

答えが出せない事実も挙げて、お茶を濁す形は見えている・・・。

そんなことを書いておきながら、私自身、海外にいってまでカメラを盗むことはないとは思う。
富田という選手がどんな人格の人かはわからないが・・・・。

個人的には、
弁護士には真犯人を挙げて、彼の無実を証明してもらいたい。
パフォーマンスで終わることだけはやめてほしいし、その上で、富田選手には、次のオリンピックでメダルを取れるだけの選手に成長してもらいたい。

終わりに
弁護士の裁判での成績を、弁護士会が公開するくらいのことをしてもらいたい。
逆に、公開できる弁護士が出てきてほしい。
少なくとも、弁護士という仕事を認めていない私のためにも。。。。

この記事を読む

体育の日

 赤胴すずの介  ●会社員(58) 

体育の日という祝日がある。
その祝日の意味を知っている人、覚えている人はどのくらいいるだろうか。
64年10月10日、日本晴れの東京で開催された東京オリンピックのまさにその日を記念してのものなのである。
開会式が挙行された競技場の晴れ上がった上空に戦闘機のジェット雲によって描かれた五輪の晴れ晴れしさを私は今でもはっきりと思い出すことができる。
日本国民が敗戦から立ち上がり復興からそして戦後を過去のものとするにふさわしい一大イベントであった。
その大会の興奮を引きずるように、映画「東京オリンピック」が空前の興行成績を残したのだった。
今までのものとは違い、単なる記録に留まることなく、競技選手の緊張の一瞬をカメラは追いかけていたのだった。
そのために、「記録か、芸術か」と言う論争まで引き起こしたのであった。
協議に向かう選手たちが見せる人間としての苦痛の表情や緊張感が大画面に写されていったのだった。
東京オリンピックを知る者として、もう一度あの映画の中に躍進する自信に満ちた日本の姿を思い出してみるのもいいかもしれない。
あの時に立ち返ってこれからの日本を見つめなおしてもいいのかも知れないと思うのである。

 

この記事を読む

変化球

 ミスアー  ●会社員(50) 

野球がまだ創生期のころ、投手の投げる球種は当然のことながら直球一本だった。
本当に素朴なスポーツであったに違いない。
いかに遠くに飛ばすか、そんなことにゲームの面白さはあったのかも知れない。
もちろん、だからバントだとかそんな作戦めいたものはなかったと想像できる。
しかし、そんな野球事情を一変させる事件が起きたのだった。
それはある日、ある少年が投げた一球のためにである。
彼はボールを打たれないために球を変化させることを狙って、見事成功したのだった。
曲がる球の登場であった。
その時初めて曲がる球なるものを見たバッターは慌てふためいたとの言い伝えが残っているようである。
予期せぬ出来事に驚いたことであろう。
それから色んな変化球が考え出されて行ったのであった。
今の変化球全盛の時代は、その彼によってもたらされたのであった。
変化球によって野球の面白さが増幅していったのか、あるいはその醍醐味が失われていったのか、意見の分かれるところかも知れない。

 

この記事を読む

ポーカーフェイス

 佐久雄二  ●会社員(41) 

ポーカーフェイスという言い方がある。
野球における投手に関してよく言われることでもある。
ポーカーフェイスということは確かに打者からはその心理状態が読み取れないということであり、勝負の世界では必要な場面もあるようには思う。
しかし元々ポーカーにおける駆け引きにおいて言われている以上、野球における場合とは自ずから差異が出てくるものと考える。
プロ野球の世界でも確かにポーカーフェイスを装った投手も見かける。
しかし私の個人的な感想を言わせてもらうならば、あれはポーカーフェイスと言うよりは、単なる死に顔にしか見て取れない。
表情に奥行きがあって懐深く感じられる雰囲気のなかで初めて、打者からは得体の知れない投手だと思えるのではないのだろうか。
野球は格闘技である。
魂と魂のぶつかり合いである。
生気のない死に顔がテレビスクリーンに大写しされた時、ぞっとしてしまうし、そんな選手はどうしても好きになれないのが本音でもある。
いろんな選手を思い出すけれども、昔ザトペック投法と言わしめた阪神・村山投手や喧嘩投法と言われた中日・星野投手。
勝てば大いに吠えて見せて、負ければ大いに悔しがって見せる。
それが本来の勝負の世界の表情であっていいのではないか。
まだ駆け出しの薄っぺらな投手のポーカーフェイスを気取った、仮面のような表情に接する時、その薄っぺらさに同情すらしてしまうのは私だけであろうか。
所詮ポーカーフェイスはトランプの世界の中でのことだと考えておいたほうが、どうも良さそうである。

 

この記事を読む

▲ページトップに戻る