土地に限らず不動産の引き渡し契約の際にはほぼ手付金を支払わなければなりません。また、用命頭金という形で財を預け入れることも多いです。これらは法的には如何なる陣営なのか、ないしは取り扱われているのかについてちゃんと理解しておくことが重要です。
通常はバイヤーから売る側へ手付け金が支払われます。また土地引き渡しにはにもあることですが新築物件を購入する際には用命頭金として多いときで10万円ほどの金額が支払われます。これらの手付け金と用命頭金の幅を把握しておくことは後々重要になる。
用命頭金というのは根っから奪取の内面口外をするための品物でしたが、本当は引き渡し完結が完成さえしければ後から感情口外をクーリングオフすることで用命頭金を弁済してもらうことができます。少し前にこういう頭金をめぐってトラブルが多発して社会的な問題になってこともありました。現在も掟などによる制約はないものの、プロデュース官庁という部位から完結不成立の事全て返還するように掲載するようにとの指南があります。勿論掲載していない場合でも返してもらうことができます。
手付け金の場合は成約を前提として支払われるものであり、土地、リサイクル物件、新築物件のいずれかにより賭けは広く変動します。意外に想う方が非常に多いのですが本当はバイヤーから売主に払う品物と決まっているわけではなく、その逆もありえます。
また手付け金とひと言でいっても大きくわけてシンボル約手付、違約手付、ストップ手付などの品種があり、個々きちんと理解しておくことが重要です。