マンションを売って利幅が出た事、来季の3月々15お天道様までに給料TAXの確申と納税をする。
そのデータはゾーン仕事場の市区町村にも送られて、6月に先住民TAXの課税が決定します。

 ところで健康保険料には、ビジネスマンなどショップに勤める給料給料ヤツの組織健全保険と、自営業ヤツなどの一般人健全保険があります。
 給料給料ヤツの組織健全保険は、掛け金は給料給料の金額で決まります。一方、一般人健康保険料は、給料金額全体で決まります。
 
 そのため、マンションを売るときに、組織健全保険に加入している場合は掛け金に感化がありません。一般人健全保険の場合は、掛け金に反映されるので注意が必要です。
 しかし、租税は、給料金額に税率をかけて計算して、限界はありませんが、健全保険の掛け金には、市区町村によって金額が違いますが、60万から70万円程度の限界が決まっています。利益が出ているからといって、掛け金が無統制に上がっていく重荷はありません。また、他の給料でがんらい上限に達している場合にも、金額は変わりません。