マンションを購入する瞬間、アパート月賦を利用したら土地と屋敷を確信にする。
仮に出金が滞ったら、金融機関は確信のマンションから撤収をしますが、出金が取り止めるまでに火災などで屋敷が失われてしまったら、土地の本質は残りますが屋敷は消失してしまう。
 火災で確信の屋敷が失われるのを防ぐ結果、アパート月賦の間をカバーする火災保険の加入が義務付けられます。

 アパート月賦の間が35階層なら、35階層分の火災掛け金は、対象の屋敷の本質によりますが、一度に支払うと数十万円になることもあります。
 マンションを売る事、負債は完済する。そのため、確信物件として保険をかけておく不可欠もなくなります。

 保険ショップは、マンションの持ち主が変わったことを解る方法がない結果、ストップについて保険ショップの側から案内してくれることはありません。売却して残債の退室がすんだら忘れずにストップの連絡をください。間が未プロセスの取り分は返納を受けることができます。