マンションを売るときどき引き渡し完結書を交わします。
 印紙税法の独自では、転売のストーリーではなく記録自体が課税対象になってあり、転売の金額によって税額が決まります。
 そのため、引き渡しの転売一時払いに対していくらということではなく、作成した完結書に個々印紙代金が必要になります。

 完結書を1通作成して印紙を貼り、それを写した場合は2通の完結書ではなく、1通の完結書とその写しです。
 完結書は1通しか開発せずに片側はその写しとした場合、印紙代金を節約することはできますが、ヴェンダーと買主、平等の転売同士で、片側が正本、片側が写しだけというのは、お互いの絆からも通常は困難です。転売のゲストが親類間で行われるなど、絆に紹介のない事などに随時行われるぐらいです。
印紙TAXも安くはありませんが、不動産の転売自体が高額なので、転売の真実味のために両方が捺印した正本を持っておくのが安心です。

 マンションの引き渡し完結書にくっつける印紙の金額は、転売の金額によって決まります。印紙TAXの税額公によって必要な税額を確認しましょう。