土地や屋敷などの不動産を売却したら、来季の3月々15お天道様までに給料TAXの確申と納税をする。
 不動産の売却による給料は、分離課税のお受け取り給料といって、給料や物事、賃貸見返りなどの一切課税の給料とは分けて計算します。
 
 お受け取り給料の金額は、売った金額から取得費とお受け取り価格を引いて勧めますが、授受や贈呈によって取得した土地の取得費や取得チャンスは、元の持ち主から引き継ぐことになっているので注意が必要です。
 授受TAXや贈呈TAXは、お金課税といって、その時点のお金の金額に対してかかります。一方、売るときの租税は、給料課税といって、利幅に対して陥るので、2つは別々の品物という思いが根本にあります。
 もらった時折給料課税を受けていないので、売った時折元の取得価額と取得チャンスを使用します。

 土地などのお受け取り給料では、保有間5階層を境にして、あっという間お受け取り長年お受け取りでは適用される税率も違いますが、もらって5階層以内のお受け取りでも、元の取得チャンスが5階層以外前部であれば長年お受け取りとして計算します。