遊休仕事場の売却において、配慮すべき重要な詳細の一つとして出来ることは、「土地のヒストリー」であるとの位置づけです。土地のヒストリー辺り、聴き慣れない申し立てだと思うのですが、人間の場合にはヒストリー書が存在していますので、就職における顔合わせうち等に、自身の概要書を加える事で、速やかに理解して頂くことが可能です。
さて、土地のヒストリーとは如何なる実例なのでしょうか。それは人間の場合と大差なく、売却時に遊休仕事場となるまでの利用プロセスをヒストリー書として手配やるなのです。たとえば、小規模の土地にあって配慮すべきは、十数年も経過した時点であっても、街工場辺りが利用した道のりは無いのか、等の経験を辿る事が「売る側の体位」として求められるのです。
なぜなら、仮に街工場化学薬品等を取り扱う工場であったなら速やかに地質チェックをやり、支障残る場合には遊休仕事場のクレンジングを行い、引き渡しが成立した際に発行するミソマニュアルにも、折と手入れを掲載することが、のちのちのトラブルを未然に防止するガード企画となるのです。