1. TOP
  2. コラム
  3. 「あの空の下には・・」

「あの空の下には・・」

コラム 独り言 この記事は約 2 分で読めます。 82 Views

楽駄   ●会社員 (49)

たしかそんな歌詞ではじまる歌があった。
本当にあの空の下にはなにがあるのだろうか。
正直言ってそんなこと誰にも分かりはしない。
しかし分かる方法がひとつだけ確かにある。
それはその空の下まで行ってみることだ。
しかし実はそれはそれでまた大変なことなのだ。
それというのもその空はどこまで行っても、あの空なのだから。
人は毎日毎日あの空を目指して歩んで行くのだ。
そしてその空の下にいつかはたどり付けるとただ信じて。
大事なことは信じて歩んで行くことなんだ。
その歩みを止めたときすべては無に帰すことになるのだ。
だからいつまでも歩んでいくしかないのだ。
それでは歌を続けてみよう。
あの空の下には幸せがいっぱい、あの雲の向こうには夢がいっぱい、実はこう続いていたのだ。
そうと分かるにはただ歩いて行くしかないことを歌は伝えたかったのかも知れない。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 「やりきれない 」

  • 「さよならホームラン」

  • 「静かに時間だけが流れて」

  • 東京オリンピック

  • 「サウンドオブミュージック」

  • 「二年前のメル友」