1. TOP
  2. コラム
  3. テレビ時代前夜

テレビ時代前夜

コラム 事件 独り言 この記事は約 2 分で読めます。 175 Views

宮元信蔵  ● 会社員(62)

小学三年生の頃のことだった。
まだ各家庭にテレビがある時代ではなくて、少なくとも私の家にはまだテレビがなくて、みたいテレビが
ある日は、食事を済ませると弟と二人で知り合いの居酒屋にいってテレビの前に座り込み、物珍しそうに見ていたものである。

記憶に残っているテレビドラマは(事件記者)である。
まだ当然のことながら、白黒の時代である。

私たち兄弟が夜遅く外でテレビを見るのをかわいそうに思ったのか、それともちょうど皇太子殿下のご成婚が近づいていたためか、我が家にもテレビが備え付けられるようになった。

ただ小学六年生の頃までは、我が家ではテレビは一日1時間か2時間に制限されていたように、(その理由はテレビばかり見ていると、勉強しなくなると言う理由から)記憶している。
食事の時もテレビは消して、むしろラジオがまだ家の中では、幅を利かせていたのであった。

それから長い時間を経て、今ではテレビが家の中心に据えられ、幅を利かせている。
私の小学生のころは、テレビはまだ主役ではなく定期的に行なわれた(家族会議)なる語らいの場が
その主役であった。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 「一松便り・1月号 <お題・お節料理> 」

  • 「帰省の風景」

  • 「私の受験生時代」

  • 「老いては子に従え」

  • 「夫婦」

  • 言葉はもどかしい