1. TOP
  2. ビジネス
  3. 景気に左右

景気に左右

ビジネス この記事は約 2 分で読めます。 141 Views

景気がいい時は、会社のお金の動きも活発で経費もバンバン使う。
しかし、悪くなると逆に経費削減で、今まで必要でなかったものからどんどん削減し、必要であったものまで、しわ寄せがくる。

常識と言えば、常識だろう。
では、社用車・営業車はどうだろうか?

根本的に、倒産してしまえば、必然的に社用車は手放さなくてはならなくなる。

業績に左右されるという部分では、車体料金、ガソリン代、駐車場、保険などもろもろの維持費、かなりかかる。
営業車を何十台も持っていればなおさらだろう。
タクシーなど、それそのものが、お金を生むものであれば、問題はないが、営業マンの足として使うということになると、台数削減は避けて通れないかもしれない。

このところ、話を聞くのは、長期リースなどで維持費を抑えるというもの、また、レンタカーでその場をしのぐというもの。
これも時代なのだろう。

カーチェアリングなどの言葉もあるので、この辺の活用も有効かと思われる。

車社会の日本ではあるが、景気動向でこんなところにも被害がおよぶものなのだろう。

では、車査定において、社用車は、車査定が可能なのだろうか?
社用車(法人車、営業車、公用車)の車査定・車買取

\ SNSでシェアしよう! /

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 公園論争戦

  • 債務整理

  • マイルを貯めてマイレージ長者へ

  • 中古車を査定に出す

  • 干物でオススメなお店

  • テリー伊藤さんのネホリハホリ:金儲け