独り言

独り言

法定相続人がいない場合の特別縁故者とは

法定相続人探し 人が亡くなると必ず相続が発生することになります。 そして相続とは亡くなった人が有していた権利や義務が法律で定められた相続人に包括的に承継されることを言います。 そのため人が亡くなって相続が発生して、そのための手...
コラム

60歳から英語の勉強はめんどう・難しい・・・・なら海外旅行にもおすすめ自動翻訳機ポケトーク使ってみれば?

最近、国策の1つである外国人観光客の集客が功を奏し、2017年の年計は前年比19.3%増の2,869万1千人となった。 インバウンドという言葉も定着し、国内中に異国語が飛び交うようになりました。 私は今年で65歳になりますが、仕...
昭和の事件

「高校生活」

武田  ●会社員 (53) 県立ではめずらしい男子校だった。 若い女性と言えば、図書館の司書と理科の助手先生の二人だけ 教室の後ろ側には通学用のズボンがほぼ全員分ぶら下げられている。 私たちは学校に着...
独り言

外壁塗装の見積もりの取り方:相場の知り方・一括見積もりの取り方を紹介します

外壁塗装は、しっかり見積もりを取るところから始まります。 安いのか?高いのか?相場を知ることは非常に大切です。 1社に絞らず、複数社の金額を知る・値段に見合う外壁の塗装をするためのポイントを紹介します。 外壁塗装 見積もり...
コラム

地下鉄のアナウンス:マイクパフォーマンス

エジソン 今回で確か3回目ではないだろうか。またまた交通局に静かな朝を要望するメールを差し上げた次第である。 都営地下鉄で通勤する私にとって、いつも不愉快と言うか憤りを覚えることがある。 たぶん皆同じことを思っているのでは...
コラム

育毛剤が必要と感じたので:M-1育毛ミストを調べてみた

年を取ると髪の毛が薄くなってきます。 別に遺伝であるわけでもなく、若ハゲでもなく、加齢による抜け毛・薄毛ですかね? それなりに年を取ると 身だしなみに気を使うこともなくなりますが、やっぱり少しBUT でも 頭皮の後退を防ぎたい...
コラム

「20世紀の落とし物 (後編)」

HERE WE GO ●医療職 (36) ”サダコ”という名前で「リング」というホラー映画の主人公のサダコがまず思い浮かんだ。 思い浮かんでしまった自分がすごく嫌になり、その場で振り払おうと頭を激しく振った。 ...
コラム

二人歩記 夫と妻

松沢 文昭   ●自動車整備士(38) 「最近、贅沢ばかりしている・・」 数年前、妻がこぼした。 中学生時代、吹奏楽部で私はトロンボーン担当、そして前列でフルートを担当していたのが妻なのである、お互いに吹奏楽コンクール県大...
コラム

「夫婦」

山根青眠   ●会社経営 (53) 子供たちも大きくなりお陰で夫婦のなかもうまくいっていたかにみえたここ数年。 今度は息子の結婚問題が夫婦の新たな火種になろうとしている。
コラム

「マンション購入」を考えている私

匿名   ●会社員 (53) 私は、現在、マンション購入を考えていえる。 といっても、住居用ではなく、運用(収益物件用)である。
独り言

昔の思い出 合ハイ(合同ハイキング)

最近の男の子に「合ハイ」って言っても首を傾げるばかりである。 我らの学生時代には何かにつけて合ハイが幅を利かせていたのだが。 1年浪人して入った大学では、さっそく弓道部男子部に入部した。 それで、さっそく弓道部女子部との合ハイとな...
コラム

バルタン星人

 名無し はじめてバルタン星人の名前を耳にした時には、数ある異星人の内のひとつであって、作者がいろいろ名前を考え出すのもホント大変なものだとの認識くらいしかなかった。 そもそも怪獣ものは我々世代にとっては興味あるものでも...
独り言

昭和の夏休みの思い出:ラジオ体操

ラジオ体操と聞いて思い出すのは、小学生時代の夏休みの早朝体操である。 目をこすりながら正にいま起きましたと言わなくとも分かるていで、どこからともなく集まってくる小学生たち。 首には出席カードをひっかけていた。 体操が終わったら、出...
コラム

「 父の歌 」

リオ   ●学生(16) この世で私にとっての一番の嫌いなものそれは父の歌だ。 とにかく音感・リズム感は全くない。
コラム

「乳房 」

はな  ●主婦(24) 女は嬉しいと乳房がふくらむ。 胸がふくらむとは女の言葉。 男の人にわかることなんてないだろう。