独り言

昭和の夏休みの思い出:ラジオ体操

ラジオ体操と聞いて思い出すのは、小学生時代の夏休みの早朝体操である。
目をこすりながら正にいま起きましたと言わなくとも分かるていで、どこからともなく集まってくる小学生たち。
首には出席カードをひっかけていた。
体操が終わったら、出席印を押してもらうためだ。
その当時の写真を見たことがあるが、どう見ても体操と言えるような代物ではなかった。
早朝体操の目的が何なのかになるが、先ず第一は夏休みの規則正しい生活であり、そのためには規則正しい起床にあると言うことだったのだと思う。
それにしても、出席印を押してくれていたのは誰だったのか。ラジオ体操と言うぐらいだから、ラジオをかけてくれていたのは誰だったのか。
もう記憶はないけど、眠たい目をこすって出席し体操が終わったら家に帰ってまた布団の中に潜り込んでいたと言う記憶がある。
本来の趣旨からはかなりかけ離れた夏休みの生活を送っていた私の小学生時代の本当の姿であった。
ラジオ体操
私がいま記憶にあるのは小学3年から4年にかけて通った可部小学校の時代のラジオ体操ぐらいである。
とにかく父親の転勤が多いものだから、転校で小学校を4校、中学校を2校経験した。
小学校1年から2年は益田小学校だった。夏休みのラジオ体操の記憶はないが、たぶんあったんだろう。
可部小の次は広島市内の三篠小だったが、記憶が間違ってなかったら、もうそのあたりでラジオ体操はなかったのではないかと思う。

ところで最近の小学生は夏休みのラジオ体操なんてやっているのだろうか。
何となく今の時代だから、自主性を重んじて集団でのラジオ体操はもう行われていないような気がする。
我々の小学生の時代にはあったものが今では廃止されているケースは他に色々あるのではないか。
よく言われるのが、確か運動会の徒競走には1番、2番なんて着順を着けないと言ったことを聞いたことがある。
順番をつけるのは良くないとの理由とか。
それこそ理解に苦しむ。そう言っておいて、勉強ではきっちりと順番をつけるのだ。
昔は勉強の方の成績はよくなくても、運動会でヒーローになる子がいた。
クラス対抗リレー
年一回の運動会ではクラスを代表するヒーローとなれる。そんな子がいてもいいはずである。
クラス対抗リレーで赤いタスキをかけて、アンカーをつとめる。それは誇らしかった。
私も中学校時代からは足の速さが認められ、毎年の運動会ではリレーでアンカーを務めたものである。
小学校時代は徒競走でビリだった私が、何を間違ったのか中学生になってからは周りも驚く俊足の持ち主となったのである。
親もわが子のそんな姿が嬉しいとみえて、トラックの第3コーナーあたりでカメラを構えて我が雄姿を撮ってくれたのだった。

いまでもやられているなら大変けっこうは事であるが、次代を担う子供たちが一団となって夏休みのラジオ体操に取り組む姿はある意味頼もしい光景ではないだろうか。

この記事を読む

昔の思い出 合ハイ(合同ハイキング)

最近の男の子に「合ハイ」って言っても首を傾げるばかりである。
我らの学生時代には何かにつけて合ハイが幅を利かせていたのだが。
1年浪人して入った大学では、さっそく弓道部男子部に入部した。
それで、さっそく弓道部女子部との合ハイとなったわけである。
合ハイを知らない今の子に説明するためには、合同ハイキングと言ってあげた方が良いように思う。
それだけでは、イメージが沸かないのなら、その時の話をすればいいかと思う。

合ハイ

国鉄(いまのJRであるが)で郊外まで行き、田舎の駅前に集合となった。
着いてみると、男子部、女子部の先輩、同輩がすでに集まっていた。
女子部の1年生と見られる女の子が大きな鍋を持って来ていた。

全員がそろったところで正にハイキングとなった。

合同ハイキング

その前に一つ、これは私もただただビックリしたことであるが。
中学校の生徒会でよそのクラスのホームルーム委員をしていた同級生の女の子がいたのだが、わたしは3年の初めから県内の別の中学校に転校して行った。
すると、私を追いかけるようにして、その子も同じ中学校に転校して来ていた。
そこまでの偶然なら、まあ無くはないかも知れない。
私はその後、県内の男子校に入学。
さすがに、男子校にまでは追いかけてこないというか来れないのであるが。
その男子校で3年間が過ぎ、ある大学に挑戦、しかし見事不合格となり、目指す大学の北門近くの予備校に通うことになる。

その予備校でまさかのことが。
その女の子にばったりと出会ったのだった。
何と縁のあることか、どうせなら大学で出会えばまた別の展開になっていたものをと考えたものである。
しかし、まだまだ縁はあったようで、1年後に目指す学部に入学となったが、その同じ学部に彼女も見事合格していたのだった。
ここまで来ればもう充分なはずであるが、最後の詰めは、集合したその駅前に彼女も女子部の新入生として合ハイに参加していたのだった。

いくら小説でもここまで書いてしまうと読者の方も嫌気を起こすはずであるが、これら一連の流れが現実に私の身の上に起こったのである。
そして、その彼女こそ、今の私の女房である。と本当は言いたいのであるが、さすがにそうはならなかった。

合ハイ カレーライス

合ハイに話を戻すと、その駅前から軽い傾斜の山道を歩き、開けた川原に到着。
そこで、最初に話に出た大きな鍋のお出ましである。
それぞれが分担して、持って来たお米をといでお米を炊く用意をする。あるいはお肉、玉ねぎ、にんじんを細切れにして油をひいた大きな鍋で先ずは炒める。
この流れでお分かりであろうが、みんなで昼食用にカレーライスを作っているのである。
まさに当時の合ハイにはカレーライスが定番であった。
男子・女子がその間の距離を縮めるには共同作業が何せ一番なのであった。
大学4年間で合ハイには結構出かけたが、一番多かったのは3年生の終わりに就職が決まってからの残りの1年間のことだった。

合ハイ、それは社会に船出する前の一時の楽しい思い出であった。

この記事を読む

バルタン星人

バルタン星人 名無し

はじめてバルタン星人の名前を耳にした時には、数ある異星人の内のひとつであって、作者がいろいろ名前を考え出すのもホント大変なものだとの認識くらいしかなかった。

そもそも怪獣ものは我々世代にとっては興味あるものでもなく、もっと言えば興味を持つ年代を超えてしまっていると言った方が正確だと思う。

我々の幼少期と言えば、英雄ものでは、「ハリマオ」であり、「ササリンドウ」である。もちろん月光仮面も忘れてはならないわけであるが。

そう言った正義の味方に憧れを抱くのは小さな子にとっては当然であったろう。

ただ、私自身には直接の記憶はないと思えるが、よく両親から言われていたことを思い出す。

正義の味方、すなわち強い存在であるはずなのに、何故か私のその頃の行動と言えば、首に風呂敷を巻いて、奇妙にも、何故か斬られて倒れて行く様を何度も繰り返しては、遊びに興じていたと言うのである。

大人になった今の感覚で言えば、正義に殉じて死んでいくと言うことも考えられなくもないが、まだ保育園に行っていた頃の自分が斬られて倒れていく姿に憧れを持っていたとは到底思えないのである。

可能なら、遠いあの小さな頃に立ち戻って、その満ち足りた幼心に触れてみたいものである。

史実から言えば、ハリマオは日本軍の密偵であって西欧の植民地政策の下で虐げられていた現地民を蜂起させ後方から日本軍を支援させると言う動きを期待されていたわけである。

植民地から解放される現地民にとって、ハリマオはそういう面で言えば間違いなく正義の味方と言えるかも知れない。

ただ英雄ものの世界では単純に勧善懲悪であることの方が大切である。

特に小さな子たちにとってはそれだからこそ全面的に支持されてきたわけである。

そんな気分で、その当時の英雄ものを素直に受け入れられるものかどうか、昔に戻って試してみたい気持ちにもなってしまう。

話が随分と横道に逸れたが、バルタン星人とはあのシルビー・バルタンをこよなく愛する作者が当時を偲んで命名したとの話である。

一部には違う説もあるようではあるが、私もこの説を支持したい。

「アイドルを探せ」の曲を引っさげて一躍スターに躍り出た彼女こそ、当時の男性の心を鷲掴みしたこと間違いなしである。

もちろん我々少年のこころまでをも鷲掴みにしてバルタンの虜としたのだった。

アイドルを探せ、この曲は何十年も経った今でも全く色あせることなく光り輝いているのである。

 

この記事を読む

法定相続人がいない場合の特別縁故者とは

人が亡くなると必ず相続が発生することになります。そして相続とは亡くなった人が有していた権利や義務が法律で定められた相続人に包括的に承継されることを言います。そのため人が亡くなって相続が発生して、そのための手続きをするにおいてまず亡くなった人の法定相続人探しをすることになります。

人探し

そして亡くなった人の法定相続人探しは亡くなった人の出生から死亡までの期間の戸籍を取得して行うのですが、場合によってはその人の法定相続人がいないという場合もあります。そして法定相続人探しをしても法定相続人がいない場合は亡くなった人の相続財産は相続財産法人となり、その財産の管理は相続財産管理人が行います。

相続人の探し方

そしてその財産は誰が取得するのかというと一定の清算手続きを経た後に特別縁故者が申し立てによって取得することになります。
特別縁故者とは亡くなった人と生計を同じくしてた者や亡くなった人を療養看護に努めたものなど特別の縁がある人を言います。

法定相続人探すなら
相続人を探す
所在不明の法定相続人を見つけるテクニック

法定相続人探し

相続人探し

この記事を読む

下取りも良いけど。

東京に引っ越した際は車を持ってきたが、こちらでは意外と乗る機会が少ない。

さらに駐車場もばかにならないので、手放す形で考えている。

少しはなしは脱線するが、東京の人は以外と歩く。
私みたいな田舎の人は、家を出る時は、だいたく来るまで移動するため、意外と歩くことは少ない。

しかし、東京では駅まで歩き・・。
これが意外とばかにならない。
毎日の事となると、たかが5分、10分でもいい運動になる。

そう考えると、東京にきた時を思い出した。
新宿に付き、ブラブラしていたわけだが、それだけでもかなりの歩いたのにも関わらず、都庁がそびえたつのを見て、歩いてみたのです。
それほどかからないと思いきや、新宿東口から30分くらいかかったのを覚えている。

たぶん、地方の人は東京にくると、電車や交通網が整備されているので、都会の人は歩かない。っと思っているかもしれないが、それは大間違い。

東京=歩く で覚えておいた方がいいだろう。
それもハンパなく・・・。

そうそう、話を戻すと、
車の売却を考えていて、新しい車を買うのであれば下取りに出してもいいが、単純に手放すので、廃車か買取かオークションなどになりそうだ。

ネット見ると、とりあえず、買い取り業者に査定してみる形が一番良さそうなので、今度見てもらうと思う。
とはいえ、どれくらいの値段がつくのか?そもそも廃車にしかならいくらいの価値かもしれない。

この記事を読む

マクドナルドへ最近行っていない。

私が、マック離れが激しくなったのは、1つのことがきっかけである。

幼少期はマックは、特別なときに食べるハンバーガーであった。
学生になり、少し身近な食べ物となった。
大人になっても、その存在感は変わらなかった。

私は120円(たしか)のチーズバーガーやビックマックを主に買っていた。

100円マックなどで、さらに人気を博し、気軽に行ける店として私の中でも一様の評価をしていた。

しかし、あるときに、ビックマックを買ったときから、そのモチベーションは一気にさめた。
私のイメージが間違っていたのかもしれないが、ビックマックに、はさまれているはずのレタスが、ハンバーガーの容器に散りばめられていたのである。
レタスは無残にも小さく刻まれ、結果、ハンバーガーを食べたあと、残骸となったレタスをつまむという悲しい思いをしたのである。

その後も、ビックマックのレタスの仕様は、この形だ。

ただ、私のイメージが間違っているのかもしれない。
もともとそうだったのだろうか?
いやいや、残骸のようなレタスではなかったはずだ。

それからは、マックの繰り出す戦略が悲しく感じられてどんどん、店から遠ざかっていった。

100円シリーズを出して、マックのお手ごろ感をあおりながら、いざ、メニュー表を見ると、それを見つけにくいメニュー構成になっていたり、気軽で手軽のコンセプトから、高級感を出そうと高級シリーズで攻めようとしたり・・・。

レタスの原価を下げるために、残骸状態にしたのも分かる。
来店させるために100円シリーズを店の入り口にたくさん見せるが、いざメニューでは見つけにくくし、小心者人はあきらめ、他のセットを頼ませる作戦。
客単価をあげる作戦。

全て、分からなくもない。
ただ、マックは、手軽で気軽なハンバーガーであってほしい。
100円マックの質を上げるとか、100円シリーズを充実させるとか、バッファローウィングなどあまり知られていないメニューを世に広める普及活動をするなど、マックは、一番美味しいハンバーガーである必要はない!
マックらしい色をみたい。

この記事を読む

原発再稼働

 ももち  ●会社員(38) 

原発に関して、当初私は賛成の立場であった。
日本には、資源が少ない。
その資源として、原発は最低限必要であると思っていたし、もし、なくしたら、その変わりを補充できるのか?
それが自分の考えであった。

そして、震災の年、電力不足となり、節電、停電で電力不足を補った。

昨年、節電は呼びかけられたが、停電をすることなく夏を乗り切った。

今年、停電の”ての字”も出てこない。

ようするに、原発の再稼働なしで日本は回るということである。

そこで、気になる記事・ニュースが最近飛び交っている。
原発再稼働に向けて安全審査というものだ。

安全性とはなんだ!?
これには、誰もが答えを出せないだろう。

ただ、安全審査に通ったら再稼働でいいのだろうか?

原発の必要性が、まだ、しっくりこない。
電力会社として、利益を上げたい!金儲けをしたい!ということにしか、聞こえてこない。

ここで思う。
 国、また国民が絶対必要!と願っているものでない。
 それは、安全とは言い切れないビジネス。

となれば、基本的に、
安全審査の前に、”保証金”ではないだろうか?

今回の福島の原発によって、使われたお金の倍の金額を保証金として用意できるのであれば、再稼働してもいいと思う。
(もしくは、その保障ができる保険会社との補償契約ができた企業)

失礼な話になるが、原発事故によって、多くの人が死んだわけではない。

2度と問題が起きないとは言えない以上、そのリスクを、何かあった時はお金で解決する。

そう、保証金を納めらる企業は再稼働してよし!

この記事を読む

▲ページトップに戻る