1. TOP
  2. 「スポーツ 」一覧

「スポーツ」一覧

  • スーパーフードは健康と美肌効果が高い食品です

    スーパーフード 芸能人や海外セレブが愛用していることで有名な「スーパーフード」ですが、女性にとってはうれしい美肌効果や健康に良い栄養素が豊富に含まれています。 もともと、アメリカやカナダで発祥されたというスーパーフードで […]

  • 巨人離れ

    アンチ?  ●会社員(43)  最近の巨人戦を見ていると気付くことがある。 もう巨人戦は特別なカードではなくなったことである。

  • 炎のストッパー

      山根青眠  ●会社経営 ある年の広島市民球場での試合前のことだった。 始球式に臨むのはカープのユニフォームに身を包んだ小さな男の子だった。 その子の顔を見ればすぐにそれと分かる男の子だった。 それは炎のストッパー津田 […]

  • 野球哲学

    鯉太郎 ●会社員(53)       野球哲学、この言葉は前田選手を語る時によく使われる。 今夜もNHKのサンデースポーツの紹介欄にそんな言葉を見つけた。 オフシーズンになって久しぶりの登場である。 正直、NHKに感謝で […]

  • 「市民の球団」

    恋太郎  ●会社員(52)  学生時代、広島市民球場のアルバイトをしていた。 切符切りと場内案内だった。 球場入りしてからは開門まで三塁側のベンチでカープの選手の練習を見ていた。 広岡コーチのノックを山本浩二や衣笠選手が […]

  • 空白の一日

    山根青眠  ●会社経営(52)  すでに四半世紀以上の時間が過ぎ、今や誰の口からも語られなくなったドラマがあった。 プロ野球界の盟主を自任する読売巨人軍のごり押し事件だった。 ドラフト会議の前日巨人軍は江川と入団契約をし […]

  • 88川崎球場最終戦

    ハリマオ  ●会社員(48) ロッテ対近鉄最終戦9回裏、シーズン最後の守備につく近鉄ナイン。 守りについた近鉄の選手の表情をカメラが追っていた。

  • 東京オリンピック

    東洋の魔女  ●会社員(53)  東京オリンピックの記憶は結構まだ残っている。 一番はあの行進曲かもしれない。 軽快な曲だった。

  • 鉄棒

    昭和38年会  ●会社員(38)  小学生のころから体育の時間は憂鬱だった。 何かと理由をつけてはその時間は休んだ。 最後には休む理由がなくなっていた。

  • ホームランとファール

    山根青眠  ●会社経営(52)  プロ野球には審判のジャッジが時に問題になることがある。 それは試合の流れそのものを変えてしまうことになる。 特にそれがファールかホームランかでは天国と地獄の差になることもある。

  • 「東京オリンピック」

    山根青眠  ●会社経営(52)  中学生の頃だった。 軽快な行進曲だった。 赤と白のコスチュームに身を包んだ日本の選手達がまぶしかった。

  • 江夏の21球

    オールドファン  ●会社員(49)  広島・近鉄の日本シリーズ 近鉄最終回の攻撃。 バッター・近鉄の石渡、ピッチャー・ストッパー江夏。

  • 球界のルール

    カズ ●会社員(40)  ふざけた話である。 スポーツの世界にそんなルールが あるわけないだろ。

  • 川崎劇場

    ロッテオリオン’S  ●会社員(47)  川崎球場がそう呼ばれるようになったのは、やはりあの時からなのだろうか。 それまでパ・リーグの試合を見ることはほとんどなかったと思う。

  • 三角ベース

    Gain  ●会社員(44)  私たちの頃は、とにかく遊びと言ったら野球だった。 それも三角ベースの野球である。

1 2 3 7