<原風景・昭和>
世は平成時代、21世紀に足を踏み入れています。

そっと昭和を振り返る、そんな時間を持たれる人も多いはずです。私も、その中の一人であることに違いありません。

原風景

駆け抜けてきた自分の背中には、原風景である「昭和」があります。

私の軸足は今でも、間違いなく「昭和」をしっかり捕らえMIRAY(みらい)を見据えています。

一言で昭和を語るには無理がありましょう。

胸を弾ませてテレビの前に釘付けになった思い出の東京オリンピック、その先に見えていたのは躍動する日本の国でした。

映画「鞍馬天狗」 嵐勘寿郎 ラジオ体操 カフェ 「放浪記」 林7美子 浅間山噴火 「蟹工船」小林多喜二 漫画「のらくろ」 「影を慕いて」 五・一五事件 二・二六事

昭和
件 東京音頭 エノケン 忠犬ハチ公 蒸気機関車D51 千人針、国民服、モンペ 「路傍の石」山本有三 「愛染かつら」 横綱双葉山69連勝 沢村栄治 「誰か故郷を想わざる」 国民学校 真珠湾攻撃 昭和新山 広島・長崎の被爆 終戦 黄金バット 「リンゴの唄」 サザエさん 日本国憲法制定 鉄腕アトム 「君の名は」 真知子巻き 「二十四の瞳」 テレビ本放送 「七人の侍」 力道山 ゴジラ 太陽族 一万円札発行 東京タワー完成 タロ・ジロ南極越冬 皇太子殿下婚礼 伊勢湾台風 「上を向いて歩こう」 
MIRAY(みらい)
「こんにちは赤ちゃん」 東海道新幹線 東京五輪 ひょっこりひょうたん島 新三種の神器(車・クーラー・カラーテレビ) ウルトラマン GSブーム 「男はつらいよ」 沖縄復興 ベルサイユのバラ ON時代 「襟裳岬」 「宇宙戦艦ヤマト」 学生運動 バンカラ 受験戦争 初恋 クラブ活動 学園紛争 青春時代 「結婚しようよ」 「いちご白書をもう一度」 「学生街の喫茶店」「戦争を知らない子供たち」 ダンパ・合ハイ もう少しさかのぼれば 焼け跡 ヤミ市 戦争 シルビーバルタン
昭和を語る上でのキーワードは止めどなく溢れ出てきます。

ひとりひとりが、「昭和」の思いを胸に21世紀という時代に再び歩を進めようとしています。

そんな一人一人の思いを寄せ合って、いつの時代にか置き忘れた「心・こころ」をこの「MIRAY(みらい)」の中に見出せればと考えています。

この場所を多くの方に訪れていただき、大きな「こころ」のひろがりふが出来ればと念じています。




バルタン星人

バルタン星人 名無し


はじめてバルタン星人の名前を耳にした時には、数ある異星人の内のひとつであって、作者がいろいろ名前を考え出すのもホント大変なものだとの認識くらいしかなかった。

そもそも怪獣ものは我々世代にとっては興味あるものでもなく、もっと言えば興味を持つ年代を超えてしまっていると言った方が正確だと思う。

我々の幼少期と言えば、英雄ものでは、「ハリマオ」であり、「ササリンドウ」である。もちろん月光仮面も忘れてはならないわけであるが。

そう言った正義の味方に憧れを抱くのは小さな子にとっては当然であったろう。

ただ、私自身には直接の記憶はないと思えるが、よく両親から言われていたことを思い出す。

正義の味方、すなわち強い存在であるはずなのに、何故か私のその頃の行動と言えば、首に風呂敷を巻いて、奇妙にも、何故か斬られて倒れて行く様を何度も繰り返しては、遊びに興じていたと言うのである。

大人になった今の感覚で言えば、正義に殉じて死んでいくと言うことも考えられなくもないが、まだ保育園に行っていた頃の自分が斬られて倒れていく姿に憧れを持っていたとは到底思えないのである。

可能なら、遠いあの小さな頃に立ち戻って、その満ち足りた幼心に触れてみたいものである。

史実から言えば、ハリマオは日本軍の密偵であって西欧の植民地政策の下で虐げられていた現地民を蜂起させ後方から日本軍を支援させると言う動きを期待されていたわけである。

植民地から解放される現地民にとって、ハリマオはそういう面で言えば間違いなく正義の味方と言えるかも知れない。

ただ英雄ものの世界では単純に勧善懲悪であることの方が大切である。

特に小さな子たちにとってはそれだからこそ全面的に支持されてきたわけである。

そんな気分で、その当時の英雄ものを素直に受け入れられるものかどうか、昔に戻って試してみたい気持ちにもなってしまう。

話が随分と横道に逸れたが、バルタン星人とはあのシルビー・バルタンをこよなく愛する作者が当時を偲んで命名したとの話である。

一部には違う説もあるようではあるが、私もこの説を支持したい。

「アイドルを探せ」の曲を引っさげて一躍スターに躍り出た彼女こそ、当時の男性の心を鷲掴みしたこと間違いなしである。

もちろん我々少年のこころまでをも鷲掴みにしてバルタンの虜としたのだった。

アイドルを探せ、この曲は何十年も経った今でも全く色あせることなく光り輝いているのである。






 

この記事を読む

▲ページトップに戻る