1. TOP
  2. 趣味・娯楽
  3. 相場はあくまでも相場である。

相場はあくまでも相場である。

趣味・娯楽 この記事は約 2 分で読めます。 431 Views

人気の車種の車をもっている。
人気車種なので、売ればそれなりの金額が付くかもしれない。
しかし、それは、人気である今のうちである。

自動車の買取相場を気にする友人がある。
自分の車がどれくらい価値があるのか?いくらで売れるのか?ということを調べているわけだが、あくまでも相場の確認にすぎない。

車は、ナンバープレートが付いた段階から新車から中古車になる。
要するに、価値が落ちるということである。

総経距離が伸びれば伸びるほど、その車の価値は下がる。
もっと言えば、日が経つごとに価値は下がっていくのである。

新しい車を購入のタイミングで、ディーラーに自動車下取りをお願いするにしても、ディーラーは車を売るのが仕事で買い取る(下取る)のが仕事ではない。

私も車を保有している。
中古で買ったので価値らしい価値はそれほどない。
とはいえ、昔と違い、載り倒したから廃車という時代でもない。
技術の進歩と日本車のブランドの価値が変わった。
滅多に壊れないし、海外から見れば日本車は高級車であったりする。

ディーラーに廃車と言われても、意外と車買い取りに引っかかることも多いらしい。
車は大きな買い物なのでそう簡単に売り時、買い時で動けるものではない。
ただ、しっかり売って、賢く買うことは頭に入れておきたい。

その意味では、相場を気にしている友人は、賢いのかもしれない。
不動産のように、勝った時の値段より高値で売れる商品ではないが、相場の確認も悪くないかもしれない。

自動車下取り価格
下取りと査定で賢く車を売る(高額売却)
車下取り

\ SNSでシェアしよう! /

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 「英会話セールス」

  • 「小さい頃のヒーロー」

  • 「みんなの手で」

  • 「甲府盆地を訪ねて」

  • 「カラオケ」

  • 「キューポラのある街」:吉永小百合主演の映画