「 田舎暮らしの憂鬱と太陽 」

はなこ  ●自営業(38) 

我が家はとうとう今年で見ず知らずの土地で8年目を迎えました。。。

はくしゅうぅ~?!

なんだか、振り返るとコントのような日々です。なんのあても、血縁もないまま中国山地の山奥に住み続け、借金は知らない間に増えていき、収入は当初の予算からかるぅ~く8万は減り、子どもは増え。。。とほほなのです!!

見よう見まねで畑もしますわ。

田んぼもやってみますわ。

しっかしようならんのが田舎の生活。

救いは二つ★・子どもたちが馬鹿みたいに元気がいい!!

(子ども1号は中堅年時代には夜間救急の常連がいまや病院知らず。)

(子ども3号、草なら何でも食べて「んめぇ~♪」と満たされている様子。  この子、超、アレルギーもち!!です)

なにがなんたって、景色と空気がいい。

これに支えられての今日ですが貯金はなくなり、子どもは大きくなる。

親戚やコネのない田舎での暮らしは自殺を考えてしまうくらい過酷です。

人が生きる。

一体なにが正しいありのままの生き方か40目前にして悩んでいますわ♪