1. TOP
  2. コラム
  3. 桐箪笥について:桐箪笥の魅力・職人技を紹介します。

桐箪笥について:桐箪笥の魅力・職人技を紹介します。

コラム この記事は約 5 分で読めます。 405 Views
桐箪笥

箪笥と言っても非常にさまざまな種類があります。

特に現代は、やすい素材で購入できることも多く、若い人たちは安い箪笥を購入する傾向があります。

しかしながら、昔から日本で利用されているきりのたんすも魅力的です。

桐箪笥とは

桐箪笥とは、桐でできた箪笥ですので値段は高くなるのが特徴になります。

値段が高いことこそ、桐箪笥のイメージといっても言い過ぎではありません。

桐箪笥の値段・価格

値段に関して見てみると、安いものでも20万円程度のお金がかかります。

ある程度標準的な品質のものならば、80万円程度のお金がかかることも決して珍しくありません。

このように考えれば、そう簡単にだれでも手に入れることができるものではないことがわかります。

特に若い人が結婚したときに箪笥を購入する場合、親からの贈り物でなければなかなか桐箪笥を購入しようとは思わないでしょう。

ですが、あえて桐たんすの良いところを見ることで気に入る可能性もあります。

桐箪笥 修理

桐箪笥の魅力

材質

まず、一つは材質が統一されている点です。

普通の木材の素材の場合には、利用している木材によって材質が異なるため箪笥の一部分だけが劣化してしまうようなことも少なくないです。

そうすると、ほかの部分が劣化していないのに全体を取り換えなくてはならなくなるでしょう。

修理といっても、それほど高くない商品を修理すると逆にお金がかかってしまいますのでそのまま捨てることになりかねません。

このように考えれば、桐箪笥を購入するメリットは少なくないといえるでしょう。

ちなみに、素材が統一されていると、ゆがみがなくなることも大きな魅力になります。

いくら購入したかったばかりのころはきれいな形をしている箪笥でも、材質の違うものや無理やりいろいろな木材を合わせて作った箪笥は時間の経過とともにゆがんでしまう可能性があります。

一度ゆがんでしまうと、なかなか元に戻すことができずやはりそのまま我慢するか買い直すしか方法はありません。

ですが、ゆがみがなければ長年使い続けることができ結果的に無駄にお金がかからないことになります。

おそらく、桐たんすを製造している業者がいいたいのは、単に値段が高いからだめではなく値段が高い反面耐用年数が長いため、結局長持ちをすることになるでしょう。

そうすると、安いものを何度も買い直す手間も省けるだけでなく、最終的に一度購入すれば一生使えるものになり場合によっては子供の世代や孫の世代まで使うことができるようになります。

もちろんデザインの問題もありますが、それでも質の高さだけは譲ることができません。

仮にデザインが古かったとしても、質の高いものはデザインが古ければ古いほど価値が出てくるといえます。そのように考えれば、購入するメリットは非常に大きくなります。

吸収性

次に、吸収率が低い点も大きな魅力です。

日本の気候は温暖湿潤気候のところが多いため、湿気に対して強い箪笥でなければいけません。

東北地方や北海道の場合には、冬場になればなるほど敷居が高くなる傾向があります。

やすい素材を使っていると、湿気が出てきたとたんにいたが水を吸収してしまい、しなることも考えられ結果的に扉がうまく開かないようなことも少なくありません。

このように考えるならば、見た目の問題もさることながら使い勝手もきりの箪笥がよいといえます。

それに加えて、精密な作業に向いている点も忘れてはいけません。

きりのたんすは職人が作るのが一般的ですが、なぜわざわざ現代の時代職人が必要かといえば、細かいデザインを作ることができるからです。

職人は、細かい部分にこだわるため細かいデザインができるような木材を利用してほしいと考えています。そのような傾向から考えれば、桐の箪笥が重宝される理由がわかってくるわけです。

熱伝導率が低いことも、魅力のある理由になります。

熱伝導率が低いと、伸び縮みが少ない傾向にあるでしょう。

これは、湿気を吸収しないことと同じような理由になりますので、どちらも重要な内容といえます。

つまり、長期的に利用してもそれなりにしっかりとした形を維持することができる点においてでも使いやすさがあるといえます。

桐箪笥 メリット

桐たんすの修理

では、桐たんすって修理できるの?
と言う問いに対しては、できると答えるしかありません。

終了する場合でも、職人がいますので丁寧な修理を心掛けてくれるにちがいなりません。

この場合には、何年か保証してくれることもあるため購入して数年間は無料でなおしてくれることもあります。

たいていの場合、保証付けるようなところはしっかりとしたつくりをしているためなかなか壊れることはないでしょう。

ただ、何らかの理由があり壊れてしまう場合には業者の方でしっかりとした保証が期待できます。

古くなってきた場合には、表面を削ることで新しく見せることもできます。

表面は、カンナなどで削り取ることで購入した時の美しさがよみがえってきて結果的に、高い満足感を手に入れることが可能です。

これにより、10年か15年程度でなく50年でも100年でも使うことができるのがポイントです。

[PR]
埼玉中心(東京・千葉・神奈川)に桐たんすの製造・修理を行っている山本工業

\ SNSでシェアしよう! /

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の注目記事を受け取ろう

桐箪笥

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 寺尾失格

  • あとは新井選手だけ?

  • 「金沢行き」

  • 「ザ・ベンチャーズ」

  • 「ネット予約」