2016:キーワードは謝罪における初動

2016年まだ、半分しか経過していないが、事件が山済みであった。

その中の1つのキーワードになりうるのが、謝罪における初動。

失敗した人を挙げると
・事務所の言うことを聞きすぎ、全てが裏目になったベッキー。
個人的に好きであるが、最初の謝罪はスポンサーであるのが見え見え・・・。
それで評価を落とし、さらに復帰を狙ったテレビ出演も、根回しができず・・・
彼女のせいではないが、事務所の言うことを聞きすぎの感も・・。

・舛添さん
公費のムダ使いに関して、走る公用車だの一国の知事が3流のホテルがありえるか?
など、ケンカを売ってしまった。
最初にしっかり誤っておけば、大きくなかったかもしれないし見方も少しは増えただろうし・・。

謝罪における初動は、今後も気をつけてみておきたい・・。