山根清眠

スポンサーリンク
コラム

炎のストッパー

  山根青眠  ●会社経営 ある年の広島市民球場での試合前のことだった。 始球式に臨むのはカープのユニフォームに身を包んだ小さな男の子だった。 その子の顔を見ればすぐにそれと分かる男の子だった。 それは炎のストッパー津田投手の長男君だっ...
コラム

三島由紀夫自決

 山根清眠  ●会社社長 衝撃的な事件だった。 私はその時大学2年、三島由紀夫に憧れていた。 「君たちは武士だろう」と叫ぶ三島由紀夫の声が思い出せる。 私は心の中で叫んだ(そうだ、お前たちは武士だろう)と。 ...
コラム

空白の一日

山根青眠  ●会社経営(52)  すでに四半世紀以上の時間が過ぎ、今や誰の口からも語られなくなったドラマがあった。 プロ野球界の盟主を自任する読売巨人軍のごり押し事件だった。 ドラフト会議の前日巨人軍は江川と入団契約をしたのだった。...
コラム

「東京オリンピック」

山根青眠  ●会社経営(52)  中学生の頃だった。 軽快な行進曲だった。 赤と白のコスチュームに身を包んだ日本の選手達がまぶしかった。
コラム

「黒船来襲」

山根青眠  ●会社経営 (52) 今どきテレビのスウィッチを入れてみると、番組改編の時期なのか、つなぎのためのバラエティー番組等が目に飛び込んでくる。
コラム

「アリ達の世界」

山根清眠  ●会社経営 (51)  新幹線東京駅地下通路を歩いていた時だった。 「まるでアリの世界みたいだ。」 後ろの方から50歳代の男性の声が聞こえてきた。
コラム

「小さな行き違い」

山根青眠  ●会社社長(51)  他愛もない会話を続ける中で 僕には君の言いたいことわかっていたよ。
コラム

「あらたな旅の門出」

山根青眠  ●会社経営(51)  一人でいることが辛くなるようになったのは いつごろからだろう。 それまではそんな事考えたこともなかった。
コラム

「夏休み」

山根清眠  ●会社経営 (51)  小学生の頃、夏休みの一日は先ず朝のラジオ体操から始まった。 首には出欠カードをぶら下げて、眠気まなこで広場に集まり、みんなと一緒になってラジオから流れてくる曲に合わせて体操をしたものである。
コラム

「子離れ」

山根清眠  ●会社経営 (51) はやく家から出て、一人で生活してみろとかそうすれば親のありがたみが分かる筈だとか日頃は息子の顔を見るたびに、そう言っていた私が、いざ息子が家を出ると聞いた途端、一人で何でもかんでもやるのは大変だぞと、...
グルメ

「ふく司便り」

山根青眠  ●会社経営 (52) 山根:どうも、お久しぶりです。 マスター:久しぶり。
コラム

「初めてのタバコ」

山根青眠  ●会社経営 (52) 初めてタバコを買ったのは、大学2年の時。 浪人していたから、年齢的には20才の時である。
コラム

「裸の王様」

山根清眠  ●会社経営 (51) 現場で働いている人間の声が会社経営に反映できていないとすれば、本当に哀しいことである。 そんな会社にどれだけ出会ったことだろう。
コラム

「いい人」

山根青眠 ●会社経営 (52) 「いい人だね。」 そう言われたら、ナメラレテいると思いな。 昔の先輩の言葉であった。
コラム

「お茶漬け」

山根青眠  ●会社経営 (52)  韓国旅行から帰ってきた若い子に聞いて見た。 何食べたの? キムチ焼肉食べたよ、一杯ね。
スポンサーリンク