1. TOP
  2. 「歌謡史」

「歌謡史」

コラム 芸能 この記事は約 2 分で読めます。 58 Views

60年代  ●会社員 (47) 

最近60年代、70年代の歌がよみがえっている。
いつか歌うことを忘れたわたしもまたマイクを持てるようになった。
当時の歌が歌えるようになったわけである。
今流の歌と比べてなんとのどかなことか。
今の歌に世相を反映した影があるとすれば、当時の歌にはそんな影は感じられない。
ただし高度成長のかげりとともに影のきざしだけは見え隠れするようになっていった。
それにしてもまだ自信を失った、そんな雰囲気にまではなっていなかった。
歌が世相を映し出すのだろうか。
そこにはその時代が要求する何かが隠されているのだろう。
豊かさと暖かさを取り戻した、そんな歌がまたいつか全国を駆け巡ることを祈っておくことにする。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • NO IMAGE

    涙雨

  • NO IMAGE

    神宮球場における20世紀最終戦

  • NO IMAGE

  • NO IMAGE

    「 大学祭の夜」

  • NO IMAGE

    「好い加減」と「いい加減」

  • NO IMAGE

    イチローは凄い!