1. TOP
  2. コラム
  3. 栄枯盛衰

栄枯盛衰

コラム スポーツ この記事は約 2 分で読めます。 175 Views

壇ノ浦  ●会社員(46)   

奢れる者は久しからずとはよく言ったものである。
今日の巨人阪神戦はまさにそのとおりである。
巨人にあらざれば人にあらずとまで豪語していた球団のなんと惨めなことか。
メイクドラマとかなんとか訳のわからないアホな言葉を造ってきた球団の終焉と言ってもいいのではないであろうか。
8回一挙に10点を阪神に入れられてしまった巨人のある意味お葬式の試合となってしまうのであろう。でもいいではないか。
プロ野球の歴史のなかでいつも金にまみれた球団として、ダーティーなイメージを引きずって来たそんな球団がこれからは勧善懲悪の風潮のなかで悪玉で生きていく門出となる試合と言っていいのだろう。
でも心配はいらない。
悪玉が悪玉であればあるほど興業的には今まで以上に試合は盛り上がって行くのであるから。
ただ時代は間違いなく主役の交代を告げているように思えた。

\ SNSでシェアしよう! /

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 「メールアドレス」

  • 「仲直り」

  • 守旧派

  • 「浅草路」

  • 「夫婦」

  • 「何を守る?」