1. TOP
  2. コラム
  3. 「青函連絡船」

「青函連絡船」

コラム 独り言 この記事は約 1 分で読めます。 237 Views

sato(男)  ●会社員(45)

彼のあとを追ってわたしもデッキに立っていた。
朝の陽のひかりがまぶしかった。
遠くに函館のみなとが見えていた。
船のまわりにはたくさんの漁船が遠巻きに浮かんでいた。
寒いんだね、中に入ろう!そう言ってわたしは彼のコートの袖を引っ張った。
昨日の晩ふたりで包まっていた毛布にもう一度もぐりこんでいた。
しだいにうとうとして行くなかで床の下から伝わってくるエンジン音が心地よく二人を包んで行った。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 団塊の世代の皆様へ

  • 「腰痛・治ったぞ 」

  • 「秋競馬」

  • 「はじまめして!」

  • 「 田舎暮らしの憂鬱と太陽 」

  • 「夜逃げ」