1. TOP
  2. コラム
  3. 苦節10年

苦節10年

コラム スポーツ この記事は約 2 分で読めます。 133 Views

 鯉太郎

今売り出し中の「赤いゴジラ」こと、広島カープの嶋選手の勢いは止まりそうもない。
打率5割超、ホームラン5本。
開幕11試合を終えてのことではあるが、打席での迷いをまったく感じさせない活躍である。
嶋選手の活躍に触発されたように、チームの打撃も極めて好調である。
チーム打率もセ界トップの3割超である。
よくチーム内での競争意識がチーム力を底上げすると言うのを聞いてきたが、まさにその通りかも知れない。
選手層の薄さを言われ続けてきたカープも今年はその言葉を返上できそうな感さえある。
嶋選手の活躍に対して、埼玉の親御さんは、「ケーブルテレビを契約してた甲斐があった。」
とのコメントを寄せて来たとか。
10年目の親孝行、テレビに向かう親御さんの顔が浮かんできそうである。

 


 
 
 


\ SNSでシェアしよう! /

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 「合ハイ(合同ハイキング)」

  • 「クラシックカー」 

  • 「友達」

  • あさま山荘事件

  • 聖域なき構造改革

  • 「5月のハワイ」