1. TOP
  2. コラム
  3. 「聖域」

「聖域」

コラム 独り言 この記事は約 2 分で読めます。 125 Views

太田雅史  ●会社員 (55)

今流行りの聖域なき構造改革ではないが
いくつかの会社を恐れ多くも見させて
もらう中で思うことがある。

確かに経営者とて人の子、
触れたくない部分はあるものである。
ただそれが会社の経営に関することで
あれば、時として経営を圧迫する要因とも
なりかねない。

手付かずの領域にこそその会社の課題が山積
しているものである。

その領域には、人、もの、金の面で
閉塞感がただよっているものである。
その閉塞感のなかでは活きる情報も
当然期待できない。

先ず全てをフラットな状態で見ていけるか
どうかに係わって来る。
その考え方の前では経営者自身も当然ながら
聖域とはなりえない。
 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 育毛剤が必要と感じたので:M-1育毛ミストを調べてみた

  • 「つめを噛むのは」

  • 「友達」

  • 「遠い空の向こうに」 (99年米国映画)

  • 「京都の思い出」

  • 「外に出て思うこと 」