審判という仕事

鯉太郎 ●会社員(53)

プロ野球の審判という仕事には同情すら覚えてしまう。
こんな気分になったのは初めてかも知れない。
少なくとも対巨人戦では今まで記憶にない。
何せどう考えても、巨人よりのジャッジばかり見せ付けられてしまっては、それもやむを得ないと納得してもらうしかあるまい。
ところがである。
今日の試合、9回の表。
前田(巨人)の直接キャッチ?か、はたまたノータッチ?か。
そんな局面でどうしたのかと一瞬そんな思いが頭の隅をかすめるように巨人の抗議に屈する事なくいやその前の段階で、そのままカープのチャンスに移って行ったのである。
その後連夜となる緒方選手の決勝タイムリーが生まれたのだった。
最後の締めはもちろんルーキー永川選手の登場である。
広島は本当にいい選手を取ったものである。
あの面魂、正直ファンとしてはたまらない。
ヒーローインタビューで緒方選手がいみじくも言ったように、これからのカープはいつものように、一つひとつ上を狙って行くことである。
最後になるが、審判に対する私の先入観?をお詫びするとともに、冷静に瞬時にジャッジし、試合を作って行くため裏方に徹する審判団にエールを送ることとする。