「老いては子に従え」

親子鷹   ●会社員 (52)

父親とは息子にとって大きなハードルのようなものである。
越えようとしてもなかなか越えられないものである。
しかし年を重ねるごとにいつしかそのハードルを越える時が来る。
それは父親が息子を一人前の男として認める時でもある。
そして息子にとっては嬉しい瞬間でもあり、はたまた哀しい瞬間でもある。
偉大であった父が老いていくことは息子にとっては淋しいものである。
時間の流れが人を気弱にしてしまう。
そんな父親をみるのはつらいものがある。
そんな老いていく父親に願うことは、毎日を少しでもハリをもって生きて欲しいということである。
父にそんな話をした。
命がどこまで続くのかそんなことは誰にも分からない。
でもその日が来るまでいつまでも一歩一歩前を向いて歩いていて欲しいと。
そう言うことが優しさなのかどうかは自分では分からないが、私はそう話したのだった。
父親にはいつまでも強い父親でいて欲しいのである。
それは私のこれからの理想の生き方なのかもしれない。