「週に一度」

桐子 ●OL (32)

一週間に一度だけその人とは思いっきり話ができます。
一週間にあったことを精一杯聞いてもらっています。
その日が近くなってくると、少し心配になりその人に何気なく声をかけます。
そうです、その日に時間が取れるかどうか心配になって。
その人も私の気持ちは分かってくれていると思います。

私はその日だけ少し変身します。
いつもはいい子でいようとしていますが、その日だけは本当の自分を出しているつもりです。
だからすごく楽です。

それと言うのも、その人には私のこと見破られていますから。
いい子ぶったところで通用しません、その人には。

でもいい子している時より、その日の自分の方がよっぽどいい子だと思います。
自然と笑みが零れてしまいます。