1. TOP
  2. コラム
  3. トラフィーバー

トラフィーバー

コラム スポーツ この記事は約 2 分で読めます。 195 Views

ミスタータイガース  ●会社員(34) 

阪神が開幕9戦目にして初めて甲子園に帰ってきた。
7勝1敗という成績を引っさげて。
当然のことながら甲子園のフィーバー振りは大変なものだった。
球場全体が黄色に染まっていた。
そして広島を軽く?ねじ伏せた。
選手たちは何の迷いもなくプレーに没頭していた。
すべてはうまく運んでいた。
それがまた球場のボルテージを否応なく高めていた。
あんな声援の中でプレーできる選手たちは幸せである。
パリーグから移籍してきた片岡選手なんかはびっくりしたはずである。
それにしても同じ日本の中でもこれほど大阪人が熱くなれるのはどうしてなのか。
名古屋や博多とはまた違った生命力がそこにはある。
星野阪神の新しい歴史への挑戦を期待しておこう。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 「 ~深山氏が語る10月のハワイニュース~」

  • 「素人さん」

  • わからない

  • 吉田沙保里、五輪4連覇ならず。敗因は?

  • 「ハワイのお話」

  • 育毛剤が必要と感じたので:M-1育毛ミストを調べてみた