1. TOP
  2. コラム
  3. 「メールアドレス」

「メールアドレス」

コラム 政治・経済 この記事は約 2 分で読めます。 135 Views

化石  ●会社員(45) 

ちょうど二年前になる。
大学時代の同期会の案内状が届いた。
この同期会は、最近5年に一回の割で行われてきた。
集まるのは固定メンバーの八人である。
卒業後30年近く経ってもなお同期とはいいものである。
今の社会的な地位とかがどうであれ、同期という括りでは人間関係は普遍である。
返信用の現況報告の欄に、今までにはなかった項目が追加されていた。
メールアドレス。
私はそのようなものを手にはしていなかった。
当然ブランクのまま送り返した。
全員の現況報告が一つにまとめられ再度送られてきた。
そしてそれに添えられた手紙のなかに、「化石」という文字が躍っていた。
私を指しての言葉である。
なぜならメールアドレスを持っていないのは私だけであったから。
「化石になっているのではないか」との同期のひとりからの心配の声がそこに書き綴られていた。
同期会まで一ヶ月半。
私のやることは決まっていた。
パソコンを購入し、そのメールアドレスとやらを取得すること。
思い立ったらもう止まらない。
追われる者のように、手配していった。無事同期会までには間に合った。
みんなの前で、その報告をした。
そしてこう付け加えた、「おかげで化石にはならなくてすみそうだ」と。
それから二年。
今ではプライベートに、仕事にと、この便利なメールは私にとって必要不可欠なものとなり、より広い「こころ」のつながりをも支え始めている。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 女子力アップ講座の女将の元で仲居修行:プレスリリース

  • 「ZONE」

  • 「無題」

  • 「合ハイ(合同ハイキング)」

  • ありがとう

  • 「二年前のメル友」