1. TOP
  2. コラム
  3. 「 神田川 」

「 神田川 」

コラム 芸能 この記事は約 2 分で読めます。 139 Views

祐衣   ●主婦(51)


最近、神田川の歌詞が頭の中を通りぬける。
18歳の青春時代にはやった曲だが、歌詞の内容は自分の生活実感とはかけ離れたものだった。
一人暮らしをしたこともなく恋人もいない当時、イメージだけで歌を楽しんでいた。特に「あなたのやさしさが怖かった」の歌詞は意味不明。
やさしいことが怖いなんてありえない。やさしいことは良いことじゃない。
何で怖がるの。
などと単純だった。
人生経験を重ねうち、やさしさは怖いことだと実感することが多い。
誰しも特に好意を持って欲しい人には、やさしく接するだろう。
特に恋人ともなれば、無理難題も聞いてしまう。
気が付いたときには見せ掛けのやさしさにがんじがらめ。
などという経験はないだろうか。
うーん神田川って意味の深い歌だったんだ。
今頃こんなことに気が付くなんて私の幼さが恨めしい。
でも、今までそんなひどい経験をしてこなかった人生は、やはり幸せなんだと思う。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 寺尾失格

  • ほほにかかる涙、ボビーソロが懐かしい・・

  • 「パシリ」

  • ・・・

  • 「就職待機中」

  • 「夏休みの宿題」