1. TOP
  2. コラム
  3. 「イメージの詩」

「イメージの詩」

コラム 昭和の事件 芸能 この記事は約 1 分で読めます。 240 Views

坂田 ●会社員 (53) 

吉田拓郎の歌である。
いくつか好きなフレーズがある。

闘いつづける人のこころを誰もが分かってるなら、闘いつづける人のこころはあんなには燃えないだろう。

悲しい男と、悲しい女のいつもの独り言。
それでもいつかはいつものように慰めあってる。

これこそはと信じられるものがこの世にあるだろうか。
信じるものがあったとしても信じない素振り。

長い長い坂を登って後ろを見てごらん。
誰もいないだろう。
長い長い坂を降りて後ろを見てごらん。
皆が上で手を降るさ。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 「裸の王様」

  • 地下鉄のアナウンス:マイクパフォーマンス

  • 仕事が面白くないと嘆くなかれ

  • あさま山荘事件

  • 「カントリーリスクから起業へ」

  • 「君達がいて僕がいた」