1. TOP
  2. コラム
  3. 鉄棒

鉄棒

コラム スポーツ この記事は約 2 分で読めます。 174 Views

昭和38年会  ●会社員(38) 

小学生のころから体育の時間は憂鬱だった。
何かと理由をつけてはその時間は休んだ。
最後には休む理由がなくなっていた。

中でも鉄棒は大の苦手だった。
苦手というより何もできなかった。
卑屈になっていった。

中学生になってからは、毎日昼休みに蹴上がりの練習をするようになった。
コツをつかみ出して蹴上がりができるようになった。
それでもまだ逆上がりは出来なかった。
ただ昼休みの鉄棒は続けていった。

高校生になって最初の体育の時間がきた。
苦手な鉄棒だった。
懸垂逆上がりをやらされた。
出来ないと思いながら、高い鉄棒に飛びついた。
その瞬間だった、出来ないと思っていたのに足が自然と持ち上がり、きれいな懸垂逆上がりの完成した瞬間だった。
何年越しだったろう。
心の中で何かが弾けていた、クラスのなかででもそれに気付いたやつはいなかった。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 「友遠方より来る」

  • 受験勉強

  • さゆりすと:吉永小百合主演映画

  • 「 父の歌 」

  • 「自慢の弟」

  • 60歳から英語の勉強はめんどう・難しい・・・・なら海外旅行にもおすすめ自動翻訳機ポケトーク使ってみれば?