「 ~深山氏が語る7月のハワイニュース~」

深山  ●ハワイアンジョイ不動産

日曜日の明るいワイキキビーチはいつも沢山の人で溢れています。交通混雑になることもありますがワイキキの収益のことを考えれば我慢出来ます。5月中旬から咲き始めたシャワーツリーの花も満開に近いです。カピオラニ公園噴水近くのシャワーの木はとても綺麗です。ホテル、コンドミニアムから見るダイヤモンドヘッドの景色は最高ですが、噴水とシャワーツリーの間か見えるダイヤモンドヘッドも素晴らしいです。公園を散歩されてこの光景を是非ご覧ください。
ハワイのビーチは世界的に有名です。世界中から多くの人々がワイキキビーチを訪れます。DR BEACH雑誌社は今年の全米ビーチトップテンを選びました。マウイ島のカアナパリが全米第1位です。カウアイ島のハナレイは第4位、ハワイ島のマカラウエナビーチは7位、ハナウマベイは8位です。
さて、現在不動産業界は潤っています。前回紹介しました新築物件(ホクア及びラニケアアットワイキキ)はほとんど完売です。キャンセル待ちのお客様が沢山います。BUT しかしホブロンホテルからシニア-(55才以上)向きに改装されているコンドミニアムプロジェックト(ハレノホナ)は滑り出しが順調ではありませんので、シニアー向きコンセプトは中止になる可能性も?シニア-向きのコンドミニアムの場合は毎月の管理費(食事付きなど)が高いので敬遠されています。食事付きの高い管理費を支払うより自分で好きな食べ物を料理したり、テイクアウトしたりする事を好まれます。
住宅金利はさらに下がりました。30年ローンで5%です。41年ぶりの低い数字です。15年ローンで4.6%です。日本から比べますと高いですが、アメリカ人にとっては大変低い住宅金利です。この住宅金利のお陰で活気のない景気の中で不動産市場だけが光っています。4月の一戸建ての中間価格は$362,500でしたが6月には$365,000です。コンドミニアムは$165,000より$166,000になりました。
ハワイアンジョイ社のお客様の中で、ハワイアンの名前でハワイ法人を設立されている方がいます。For Example 例えばオハナ、ラニ、アロハ等という言葉を使った様々な法人名です。ハワイの別荘を個人名義で所有されるよりハワイ法人で所有されることが相続税対策になります。個人名義で所有されて家賃収入がありますと先ずハワイで確定申告されて日本でも申告が義務付けられていますがハワイ法人の場合はアメリカのみの申告で済みます。節税対策には法人及び信託の設立を、又納税対策にはアメリカの生命保険をお勧めします。詳しいことはハワイ滞在中にオフィスでご説明します。
7月には、ハワイのお寺では「ボンダンス」と言われる盆踊り大会が始まります。週末は何処かのお寺で盆踊りが行われています。日系人は盆踊りを楽しんでいます。白人の方々もハッピを着て、見よう見まねでボンダンスをエンジョイされています。ホノルル市長ご夫妻も楽しく踊っている姿を見かけます。盆踊りは8月下旬まで続きます。日本から浴衣、鉢巻、うちわを持参されてハワイの盆踊りに参加しませんか。皆様のお越しをお待ちしています。