『親はどうみてる?学生はどうみてる?』大津市に見るいじめ・自殺事件

おやじ見習い 

大津市でおきた、中2の自殺問題事件。

これが、メディアにおもしろおかしく報道されている。

自殺の原因はクローズアップしすぎて、学校、教育委員会の問題を大々的に取り上げている。

正直、教員委員会等にも問題はあるが、それは、あくまでも内輪でやってもらえばいいこと。

もっと大事なことは、これ以降同じような事件を起こさないこと。

いじめは、いたるところで起きていると思われる。

要するに、加害者予備軍がたくさんいるということだ。

親は、この事件をどう見ているのか?
学生は、どう見ているのか?

いじめに関しては
 一番悪いのは、

  •  加害者本人
  •  その次に、親
  •  その次に、学校

である。

今の報道は明らかに間違っているし、それを見せられている私達は、それに対して、意見や異論を言うことは出来る。

BUT しかし知らされたからと言って、これを生活には反映できない。

少なくとも、いじめをなくすために親や生徒にプレッシャーをかける報道なら分かる。

今回に関して、保護者と教育者でのしっかりした解決は必要だが、そのやり取りは、当人通しだけでいい。

絶対なくならない方法は難しいかもしれないが、報道の仕方で、いかようにもなると思う。

今の学生の気持ちは分からないが、少なくとも現在、いじめを行っていると自覚している人は、この事件で、気持ちを切り替えているであろうか?

それが心配だ。

メディアは、数字が欲しいのは分かるが、内容を改めてもらいたい。

そして、今、この冬に、いじめを題材としたドラマを企画してるだろう。
安易な内容では、制作してもらいたくない。