「三つ子の魂」

語り部  ●会社員(47)

三つ子の魂百まで、そんなことを言う人も私の周りにはいなくなった。
まだ小学生のころはおばあちゃんがそんな古い言い回しとかことわざを話して聞かせてくれた。
それから20年が経った頃、私は幼児教育の現場にすこしだけ足を踏み入れたことがあった。
その時、20年前におばあちゃんから聞いたことわざを思い出していた。
3歳とまでは言わなくとも確かに小学校にあがる前にどれだけの体験をして来たかがその子のその後に大きく影響してくるかを直接感じたものである。
そしてそれは大人になっても同じことが言えるのである。
多くのものに触れることによって人は豊か感性や知性を手にすることができるのである。
井の中の蛙・・・、他人の振り見て我が振りなおせ、ことわざってどのぐらいあるのだろうか。
そう言えば、温故知新なんて言葉があったのをいま思い出している。
こんな言葉の醸しだす味をもう一度振り返る時期がまた来るような気がする。
そう、歴史は繰り返すとも言っている。