1. TOP
  2. コラム
  3. 「水晶採り」

「水晶採り」

コラム 独り言 この記事は約 2 分で読めます。 87 Views

羽田治 ●会社員 (47)

小学4年の頃だった。
休みの日には遊び仲間と水晶採りに行った。

岩山を登りながら、木の実を採っては、そのまま口に入れた。

食べれる木の実については先輩からすでに教わっていた。

水晶採りが終わったところで、次には一番の楽しみが待っていた。
各自針葉樹の小枝を切って集めた。

集めた小枝を束ねてお尻に敷いた。
そしてそのまま岩山の山肌を、滑り落ちていくのだった。

ゴツゴツとした山肌を奇声を発しながら滑って行った。
最後に出っ張った岩肌のところで、大きく落下していった。
スリルがあった。

いつものように又半ズボンが擦れてそして汚れていた。
家に着くと又いつものように母親から怒られた。

半ズボンは洗濯されて、補修されるのだった。
母親の毎度の仕事になっていた。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミライ:映画・ドラマ・芸能・スポーツ情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 丸刈り(汗の似合う少年)

  • 「アイドルを探せ」

  • 「低迷」

  • 「仲直り」

  • 「パートナー」

  • 松井